怒りのメカニズム

子どもの頃は、だれもが今より喜怒哀楽を自由に表現できました。 言語が未発達の段階であれば、自分の気持ちを周囲に示す大切なコミュニケーション手段の一つでしたね。ところが、大人になるにつれて、次第に豊かな感情を表すことにため・・・