心が平和でいられないのは、「真実ではない現実」を握りしめているから。

決めつけていたことが、勘違いだったと気づくために、「問い直し」のワーク をご紹介しました。

引き続き、こちらの書籍を参考に、今回は「投影を外す」ワークをお伝えします。

主に、人間関係の思い込みを手放す内容です。

探すのをやめたとき愛は見つかる(バイロン・ケイティ著)

人間関係において、相手の言動に不満を抱く背景には、「相手に対する期待」があります。

そこで、自分を苦しめる原因となる、「相手はこうあるべき」という思い込みを緩めるため、新たな視点を与える。

これが、ワークの目的です。

Point

◆ 思考のバランスとは

◆ 投影を外す方法

◆ 投影は愛の偏り

 ※この記事は3分で読み終えられます

思考のバランスを取る

思い込みが激しくなる原因のひとつは、思考の「極端な偏り」です。

信じていることを除く、一切の可能性を排除するため、視野が狭くなっています。

ところが、宇宙の法則でお伝えしたとおり、この世界はすべて陰陽セット。

この法則は、人間だけでなく、自然環境や社会情勢にも適用されます。

問題が起こるのは、秩序が乱れた(バランスが崩れた)ときです。

私たちの苦しみも、何かのバランスが崩れたときに生まれます。

思い込みは、思考のアンバランスが原因。

したがって、「思考のバランスを整えること」が大切なのです。

置き換えの方法

思考のバランスを戻す具体的な方法は、「置き換え」です。

置き換えには、「状況」の置き換えと、「立場」の置き換え の二つがあります。

一つ例を挙げます。

恋人の言動に対して、「相手は自分を大切にしていない」と思い込んでいるケース。

状況の置き換え

状況の置き換えは、さらに2つに分けられます。

  1. 否定的に思い込んでいる状況を、肯定的な状況に置き換える(A)
    相手は自分を 大切にしていない
     ↓
    相手は自分を 大切にしてい

  2. 強制している思い込みを任意に置き換える(B)
    相手は自分を 大切にしなければならない
     ↓
    相手は自分を 大切にしなくてもいい(お任せ)

恋人ではなく、苦手な人や嫌いな人でも同じです。

相手に対して思い込んでいる否定的な感情、あるいは「ねばならない」という主張。

それを、肯定や任意に置き換えてみて下さい。

立場の置き換え

続いては立場の置き換えです。

こちらも2つに分かれます。

  1. 相手を自分に、自分を相手に置き換える(C)
    相手 自分 を大切にしていない
     ↓
    自分
    相手 を大切にしていない

  2. 相手を自分に置き換える(D)
    相手 は自分を大切にしていない
     ↓
    自分 は自分を大切にしていない

人間関係における思い込みの多くは、相手から「不快にされている」というものです。

では、自分自身はどうなのか?

視点を「相手」から「自分」へと移すことで、思考のバランスを取るのです。

置き換えられることの証明

AからDまで置き換えたら、それぞれを証明する出来事を、3つ以上書き出します。

状況の置き換え(A)「相手は自分を大切にしている」の場合

  • 相手は、自分が落ち込んでいる時、黙って話を聞いてくれた
  • 相手は、自分の誕生日に、仕事で忙しい中、時間をとって祝ってくれた
  • 相手は、自分の体調を気遣う言葉をかけてくれた

苦手な人や嫌いな人の場合も、同じように置き換えられることを証明します。

証明できる事柄は、その方によって異なります。

また、「絶対にそうだ」といえるかどうかなど、確実性にこだわらなくても大丈夫 です。

こだわることは逆効果。

自然に浮かんだことを、そのまま素直に書き出してみて下さい。

投影に気づく

このワークは、一方のみに偏った視点を、他方から見直すことで、思考の均衡を図るものです。

状況の置き換えでは、満たされない経験一色の状態から、満たされていた経験を思い出す よう、視点をシフトします。

不満を感じるのは、不満だと思えることしか見ていなかった から。

実際には、同じだけの量、満たされていることもあるのです。

それを、「見ようとしていなかった」のではないでしょうか。

立場の置き換え(C)では、相手が自分にしたと思っていたことを、自分も相手にしていた と気づきます。

つまり、「自分の中にも、相手と同じ要素があった」ということ。

これが、心理学でいう「投影」です。

相手は自分の鏡

自分が見ている相手は、自身にある要素を、そのまま映し出した姿。

人間関係の思い込みの大半は、投影による影響なのです。

また、別の角度から見れば、波動の法則によって、同じ者同士が引き合ったとも言えます。

人間関係と愛の偏り

立場の置き換え(D)では、私たちに重要な示唆を与えています。

相手が自分にしたと思っていたことは、「自分が自分にしていたこと」

つまり、相手が大切にしてくれないと言う前に、自分が自分を大切にしていなかった。

そこがすべての根源であると、教えているのです。

愛の理論 でいうなら、「自分への愛」の不足。

そのため、他者から愛を得ようと、「受け取る愛」に偏るのです。

苦手な人や嫌いな人の場合も、同じ原理です。

自分を愛せないために、他者から大切にされたいと望む。

望みが強いほど、相手の言動に対し過敏になります。

それがエスカレートしたのが、「被害妄想」です。

まとめ

激しい思い込みは、思考の偏りであり、宇宙の秩序から外れた状態です。

それが、心の不調を生みます。

ご紹介したワークは、偏った思考を反対へ置き換えることによって、全体のバランスを取り戻す方法。

これは、プラスもマイナスもない中庸に存在する「中心思考」です。

具体的には、状況の置き換え、立場の置き換えの2つをお伝えしました。

状況の置き換えでは、否定的な状況と同じだけ、肯定的な状況も得ていたこと。

立場の置き換えでは、相手と自分には同じ要素があるという「投影」。

自分への愛が不足しているために、他人から愛を得ようとしていた「愛の偏り」。

これらに気づくことが出来ると思います。

また、自分が自分を扱うように、他人は自分を扱う という原理原則を、改めて知る機会にもなるでしょう。

他人から大切にされたいならば、自分が自分を大切にすることです。

投影を一気に外すことは、難しいかもしれません。

ゆっくり抜け出せればいいのです。

「そうかもしれない」

この気づきがあるだけで、エネルギーの流れを遮っていた堰は、切れ始めます。

気づくことが大切 です。 

こちらに参加しています。
お役にたてましたら応援いただけると嬉しいです。

Share the message please.
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+