運気を上げる掃除術

昔から「トイレ掃除をすると運気が上がる」と言われています。

お金に苦労したとき、必死になってトイレを掃除したというエピソードをもつお金持ちの成功者も多数いますので、金運にも効果があると信じられているのかもしれません。

もし本当に、トイレ掃除が運気アップへ効果をもたらしているなら、そのメカニズムが知りたいですね。

今回は、トイレ掃除と開運との関係について、スピリチュアルと潜在意識の両面から考察しました。

なお、収納掃除と潜在意識との関係については、以下で触れています。

あらかじめお断りしますが、科学的な根拠は一切ありません。

ご注意ください。

Point

◆ トイレ掃除とがもたらす開運効果

◆ 運気とは何か

 ※この記事は2分で読み終えられます

スピリチュアルとトイレ掃除

まずは、トイレ掃除が運気アップに効果があるといわれる理由を、スピリチュアルの側面から考えてみます。

トイレは人の排泄物を受け止める、清潔とは言えない場所。

そのため、災いをもたらすエネルギーの出入口と考えられています。「ご不浄」「憚(はばか)り」など、トイレを忌むような呼称も多々みられますね。

そこで、炎の神である「烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)」がトイレに祀られることになりました。

炎によって、不浄を清浄することが目的です。

この観点から、トイレ掃除は「烏枢沙摩明王への感謝の行為」であると言えます。

運気が上がるのは、その功徳ということが、一つ挙げられるでしょう。

潜在意識とトイレ掃除

次は、潜在意識の側面から、トイレ掃除と開運への効果について述べます。

陰陽の法則によって、宇宙はバランスを保っています。

すべてのものは、両極で成り立っており、それらを合わせて一つなのです。

そのため ポジティブ・ネガティブどちらも受容するのが、宇宙と調和した本来の在り方 といえます。

ところが、私たちはネガティブからつい目を背けてしまいます。

それは、快を求め不快を避けるという、本能によるものであり、自然な反応です。

しかし、このような理由から、潜在意識にはネガティブが放置され続けることになります。

トイレ掃除は、汚いもの(ネガティブ)に向き合う(受け容れる)行為です。

私たちの経験は一つ残らず潜在意識に記録されています。

よって、意識上の行為は、そのまま潜在意識にリンクしているといえるのです。

つまり、トイレを掃除することは 同時に潜在意識の中にあるネガティブにも向き合い、受け容れた ことになるのです。

これにより、エネルギーが浄化され、運気が上がると考えられます。

気は宇宙エネルギー

運気とは、気を運ぶと書きますね。それは、気(宇宙エネルギー)の巡りがよくなるということ。

おそらく ネガティブを受け容れると、エネルギーの純度が高くなる(クリアになる)のでしょう。

人間界の煩悩が、仏の世界へ波及しないよう聖なる炎によって焼き尽くす

先述した烏枢沙摩明王には、このような力があると言われています。

トイレ掃除をすると「我(煩悩)」が弱まると言われますが、それは、潜在意識がクリーンになると、怖れのエネルギーが弱まり、怖れによって生まれる我も、同時に弱まっていくという意味なのではないでしょうか。

最後に・・・

人生はゲーム、人生は修行・・・など、人によって人生のとらえ方はさまざまですね。

私は「人生とは、ネガティブに出会い、ネガティブを受け容れる旅」だと考えています。

それは、苦しむためではなく、ネガティブの姿をした真の愛に気づく ためです。

この世界は、プラスもマイナスもなく、ただ「愛」しか存在しません。

それを理屈ではなく、体感として得るには、ネガティブを許し、ネガティブを愛する 作業が不可欠。

排泄物によって不浄の場となったトイレを掃除することは、この学びに正面から向き合った、ひとつの方法なのだと思います。

こちらに参加しています。
お役にたてましたら応援いただけると嬉しいです。

Share the message please.
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+