仕返しは天に唾

カチンとくることを言われたり、嫌がらせを受けたりすれば、相手に仕返ししたい気持ちになりますね。

直接自分で手を下せない時は、おまじないの力を借りたり、罰を当ててほしいと神様に依頼したり・・・。

見えない力に頼りたくなるかもしれません。

仕返しを望むのは、自分が味わった不快を、相手も味わうべきという「公平性」を求める心理からでしょう。

残念なことに、仕返ししたいとう気持ちは、相手に復讐してすっきりするどころか、逆に自分が痛手を負う結果になるのです。

それでは気が済まないと、モヤモヤする方がいるかもしれません。

モヤモヤするのは、自分だけが損したような、悔しい気分になるからだと思います。

大丈夫です。

損などしていません。

宇宙の法則に照らし合わせて考えれば、そもそも仕返しや復讐を願うことに意味がないとわかります。

Point

◆ 因果応報のしくみ

◆ 仕返しや復讐が無意味の理由

◆ 自分の反応を振り返る

 ※この記事は2分で読み終えられます

相手の「因」は相手の「果」

「因果応報」という言葉もありますが、仕返しや復讐に意味がない理由を、因果の法則をもとに説明します。

因果の法則ほか、潜在意識の書き換えや、引き寄せの法則にも関連の深い宇宙の法則。

詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

今回は、苦手な人から不快な行為を受けた場面を例に挙げました。

以下の図をご覧ください。

相手が、自分に何か嫌がらせをしました(1)

その瞬間、相手は宇宙にエネルギーを放っています(2)

そのエネルギーは、いずれ同じだけの質と量で自分に返ってきます(3)

ところが、相手の行為に不快を感じた自分が、相手に仕返ししたい、復讐したいといった「反応」を示すと(4)

恨みや憎しみというエネルギーを、宇宙に放つ ことになり(5)

同等のエネルギーを、いずれ自分が受ける ことになります(6)

このように、自ら仕返ししたり、神様にお願いしたりしなくても、嫌がらせをした相手は、因果の法則によって、放ったものを必ず受け取るようになっているのです。

したがって 放っておけばよい のです。

相手に悪意がない場合

「人を呪わば穴二つ」ということわざがあります。

これも、相手に向けた恨みや憎しみは、自分にも返ってくる という教えであり、意味することは因果応報と同じです。

仕返ししたい、復讐したいといった恨み・呪いの気持ち。

それを湧かせれば湧かせるほど、自分にとって喜ばしくない状況を自ら作ることになります。

苦手な人に対して嫌悪を抱くのも同じ。

エネルギーとして宇宙に投げられ、もれなく受け取ります。

そんな自分に損なこと、あえてする必要はないですね。

ただし、一点補足があります。

仮に、相手の行為が自分にとって不快なものであっても、相手にはまったく悪意がなかったり、無意図であったりする場合があります。

その際、相手が放つエネルギーはネガティブな質とはならず、自分がすっきりする結果に至らない可能性があります。

自分の反応も分析

人との関わりにおいては、反応する自分の側にも目を向ける ことが大切です 。

自分は「嫌がらせをされた」と思っていても、相手にはそんなつもりがないことも多いからです。

このような場合は、反応している自分の内にある「種」が刺激されて、不快感情を生じさせていると考えられます。

そのため、種に気づかないままでいると、外側に原因があるといった「被害者意識」を、いつまでも抱き続けることになります。

それは、ロープを見るたびに「ヘビだ!噛まれる!」と、無駄に叫び続けることと同じです。

不要な反応によって、自分で自分を苦しめていることがあるかもしれません。

まとめ

嫌がらせした相手に同等の仕返しをすれば、すっきりできると考えるのは自然なことです。

しかし、宇宙の法則を知れば、その必要がないことがわかります。

起こることはすべて、自分が放ったエネルギーによる結果。

相手が嫌がらせをすれば、いずれ相手も嫌がらせを受けるのです。

別の角度で見れば、苦手な人から不快にさせられたと思っている自分も、「どこかで誰かを不快にさせ、苦手な人だと思われているかもしれない」のです。

そのように己を顧みることもできるでしょう。

引き寄せる条件の一つとして、波動がクリア(中庸)であることが挙げられます。

よって、仕返しや復讐を望む方だけでなく、引き寄せたい願望がある方にも、反応しない選択をおすすめします。

自分と異なる考え方・価値観の人との関わりを避けることは難しいもの。

ときには、苦手な人からの理不尽な仕打ちによって、悔しい思いをすることもあるでしょう。

他人の言動に心を揺り動かされやすい方は、このように考えてみて下さい。

相手が放ったエネルギーは、相手に返るのだから、私には関係ない
私は、自分が損するような反応はしない

あなたに不快を与えようと、相手がわざと嫌がらせをしても、エネルギーの強度が上がれば上がるほど、その人は自分に不快を与えることになります。

反応さえしなければ、あなたは何の害を被ることもなく、平和に暮らすことができるのです。

こちらに参加しています。
お役にたてましたら応援いただけると嬉しいです。

Share the message please.
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+