相手を許す心の持ち方

嫌な人との関わり方について、悩んでいる方は多いと思います。

かくいう私も、過去にはずいぶん人間関係で悩みました。

ドラえもんの「独裁スイッチ」が欲しいと願ったことが、何度かあります。

独裁スイッチとは、嫌な人を物理的に消すことのできるスイッチのこと。

のび太くんは、それを使って、すべての人を消してしまいました。

そこで初めて、「自分が独りでは生きていけない」という事実を悟り、猛省します。

ドラえもんは、単なる漫画ではなく、スピリチュアルなメッセージをさり気なく込めていますね。

話が逸れましたので、戻します。

現在、許せない人がいる。

けれど、そのままにしたくない、できれば、相手を許す方法を知りたい。

今回は、そのような方に向けた内容です。

具体的な方法として、こちらの2点をお伝えします。

  • 心理的に嫌な人を消す
  • 自分を許すことで人を許す
Point

◆ 嫌な人が消える方法

◆ 自分を許す効果

◆ 人を許すとは

 ※この記事は3分で読み終えられます

相手を許せない心理

相手を許せない心理は、相手の言動に対して、「間違っている」と判断することから生まれます。

相手が自分の価値観にそぐわない言動をする
 ↓
それに対して、自分が不快を感じる
 ↓
自分を不快にさせた相手を許せない

私たちは、無意識に他人を「審判(judgement)」する傾向にあります。

現在、嫌な人・憎い人と位置付けられている人は、「自分に快か不快のどちらを与える人か」という基準で見た結果、不快を与える、無価値で脅威な存在なのでしょう。

荒々しい表現を用いましたが、それほど「嫌悪」には、強い感情が含まれます。

強い感情は、エネルギーを多量に使うため、身体的にもよくありません。

相手に対する見方を変える

そのような、激しい感情を鎮めるには、どうすればよいのでしょうか。

ここでは、視点を変えることで、心理的に嫌な人を消す方法をお伝えします。

嫌な人が消えるというより、「嫌だと思う人が消える」 と表現した方が近いかもしれません。

「相手を許す心の持ち方」 を身につけ、相手を「嫌な人」から「違う人」へと変える方法です。

許すことは、相手の言動を肯定することではありません。

自分とは違う人

正誤、優劣などの評価を加えず、自分とは違う言動をする人だと、「ただ見る」。

このように、自分の心を調(ととの)えていきます。

仲良くする必要はない

相手を許すことは、相手と仲良くすることと、イコールではありません。

また、そこを目指す必要もありません。

なぜなら、それは不可能だからです。

宇宙には、共振する者同士が引かれ合う「波動の法則」が働いています。

それは、共振しないもの同士は離れるという法則でもあります。

つまり、合わない人がいるのは自然 であり、皆と等しく仲良くしよううまくやっていこうとする方が、むしろ不自然です。

「合う・合わない」と「好き・嫌い」は異なるもの。

合わないとは、単に相手と自分との性質(霊性)が違うだけのことです。

そこには、何の審判もありません。

相手を許すということ

相手が自分に合わせる必要はないし、自分が相手に合わせる必要もない。

すべての人が、自由意思にしたがって生きる権利を与えられています。

相手を許すということは、相手が相手の好きなように生きる自由を認めるということ

もし、相手の言動を受け入れがたいときは、このように考えてみて下さい。

この人が、私の望みどおりに生きなければならない義務はない

この人がそのように生きるのは、この人の自由なんだ

ただし、いじめのように、相手から不必要な攻撃を連続的に受けている場合は別です。

行為に対してNOを伝えたり、物理的な距離をおいたりする必要があるでしょう。

人を許す=自分を許す

次にご紹介するのは、自分を許すことで相手を許す方法です。

これは、相手を許せない理由が、自身の受け容れ難い要素を投影した結果による場合に効果があります。

自分が認められない(抑圧している)性質を、相手の中に見出す

自分が「禁止」していることを、相手が自由に表現している

このような投影による嫌悪は、相手を許す心の持ち方だけではうまくいかないことが多いです。

表面上は他人を許していないように見えますが、深層では自分を許していない からです。

したがって、この場合は自分を許さないと、相手への嫌悪が消えません。

自分を許すということは、その性質を自身の中に認め受け容れることです。

自分には、こんなところがある
そして、それでいい

何を投影しているのかわからない時は、相手の不快な要素を拾い上げて、自分にこう問うてみて下さい。

「もしかしたら、自分にも同じところがない?」

「100%絶対にないって言える?」

相手に反応するのは、自分にも関係する要素があるからです。

同じかもしれないと気づくだけで、頑なだった許せない気持ちが和らいでいきます。

まとめ

許すとは、審判を手放し違いとして相手を見られること。

または、自分を許せること。

人を許すということは、自分が折れることでも譲歩することでもありません。

I am OK , You are OK.
私は私であっていいし、あなたはあなたであっていい

他人が自由に生きることを、「それでいい」とただ認めるだけです。

そのためには、相手と自分とを関係づけずに、「個人」として切り離した視点をもつ ことが大切です。

なぜなら、関係づけると、相手が自分にとって利か害かという視点が生まれてしまうから。

その視点が、好きな人・嫌い人という分類に発展するのです。

他人を許せる人は、自分のことも許せる人です。

言い換えれば、自分を許せるから他人も許せるのです。

自分を許すには、過去の自分を許すことが必要なケースもあります。

もし、自分を許すことができないと思われるなら、相手を許す心の持ち方だけ参考になさってください。

そのうえで、どうしても許せないなら無理をせず、以下にそって心を整理されてはいかがでしょうか。

こちらに参加しています。
お役にたてましたら応援いただけると嬉しいです。

Share the message please.
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+