お金を引き寄せる

「金は天下の回りもの」ということわざがあります。

お金はエネルギー のため、回る(循環する)という表現は正しいです。

ただ、この言葉は、「貧富は固定しない」という励ましを込めた意味。

よって、本記事の趣旨とは少しずれます。

お金を引き寄せる方法は、多方面で紹介されていますね。

具体的な内容は異なっても、「お金を使う」という点は同じです。

入れたいなら、先に出す

これは、宇宙の法則の一つである、「因果の法則」に関係します。

しかし、使い方を誤れば、逆にお金が遠のくこともあります。

代表的なのは、「無駄遣い」

目的なく適当に買い物をする、一時の衝動によって欲しくないものにお金を使う。

このような使い方には、「幸せなエネルギー」が存在しません。

なお、お金を使った後に「不安」や「罪悪感」が残る理由と対処法は、以下でお伝えしています。

お時間があれば、ご参考下さい。

幸せなエネルギーが生まれる使い方とは、「誰かを幸せにしている」 使い方です。

もしかしたら、真っ先に「寄付」を浮かべた方がいらっしゃるかもしれません。

よく耳にしますね。

「寄付すればお金持ちになれる」と。

今回は、お金を引き寄せると言われる、寄付について触れました。

具体的には、この2点です。

  • エネルギー、スピリチュアルの観点から寄付を考察
  • 寄付に代わる引き寄せ行為
Point

◆ なぜ寄付するとよいことが起こるのか

◆ 寄付がマイナスに作用するとき

◆ お金を引き寄せる寄付以外の方法

 ※この記事は4分で読み終えられます

寄付に見られるエネルギー

誰かを「幸せにする」エネルギーを「出して」いる

繰り返しますが、ここが、お金を引き寄せるカギです。

さらに、その「誰か」は、自分より遠い存在であるほど、お金を使うときのエネルギーは澄んでいきます。

自分 < 家族 < 友人 < 知人 < 人類 < 非人類

ひとつの例えであるため一般化はできませんが、右に進むほど「愛」の純度が高くなるという意味です。

理由は、見返りへの期待が弱まる から。

施す対象が自分に近いほど、与えた後に恩恵を受けやすくなります。

そして、私たちは無意識にそれを理解しています。

寄付を賞賛するのは、自分に縁もゆかりもない(エネルギーとしては繋がっていますが)存在のために、大切なお金を与えるという行為だからです。

スピリチュアルで見るなら、寄付は「小我」ではなく「大我」になるでしょう。

小我とは利己的な愛、大我とは利他的な愛です。

そのため、大我になるほどエネルギーは清らかになっていきます。

エネルギーの透過度が上がると、宇宙エネルギー(インスピレーション)を受け取りやすくなります。

したがって、お金を引き寄せる道を、無意識に選択できるようになるのです。

この辺りの仕組みは、以下に詳しく書いています。

放ったのと同質のエネルギーが返る「因果の法則」によって、他人を豊かにすれば自分も豊かになれます。

このように、宇宙の法則と照らし合わせても、寄付は理に適っているというわけです。

寄付をしても引き寄せられない理由

ところが、寄付をしても一向にお金が入ってこないという方がいます。

それはなぜでしょうか。

考えられる理由は、この2つです。

  • 見返りを期待した寄付
  • 自己犠牲の寄付

見返りを期待した寄付

この場合、寄付は、お金を引き寄せるための「手段」になっています。

お金が欲しい
 ↓
お金を引き寄せるには寄付がいいらしい
 ↓
寄付をする

このような動機づけです。

放っているのが「欲しい!」という奪うエネルギーのため、自分も奪われることになります。

なお、見返りを期待するのは、「エゴ」のエネルギーです。

よって、エネルギーのベクトルが、「与える」とは逆の「受け取る」に向くのです。

自己犠牲の寄付

現在、お金に困っているから、お金を引き寄せたいと願われる方がいるかもしれません。

そうであれば、寄付をしてもうまくいかない可能性が高くなります。

毎月の収支が赤字でありながら、寄付をする。

この行為は、たとえ意識の上では「感謝」でも、潜在意識は「不安」になっています。

引き寄せに必要となる、波動のキープも難しくなるでしょう。

この行為は、自分を愛することにも反します。

こちらで、自分を愛することは日常を大切にすることだとお伝えしました。

お金の場合も、考え方は同じです。

基盤となる、最低限の生活を維持するのが先です。

困窮しながら寄付をするのは、自己犠牲と同じあり、自分を粗末にすること になります。

住居費や水道光熱費に滞納がみられる、社会保険料や税金は未払い、でも寄付はする。

これは、精神一辺倒で、現実を無視したやり方です。

大切なのは、スピリチュアル・リアル双方のバランスをとることです。

滞納や未払いは、それによって「誰かを困らせている」ため、そのエネルギーもすべて、自分が回収することになります。

よって、この世界で生き抜く、最低限の生活費を確保することが最優先です。

生活費は、地球に住むために支払う対価。

これも、エネルギー循環のひとつです。

寄付以外にお金を引き寄せる方法

次に、お金を引き寄せる行為が、寄付以外にもあることをお伝えします。

仏教には、「無財の七施」という教えがあります。

お金や物でなくても、周囲に喜びを与える方法があることを示す教義です。

温かい眼差し・明るい笑顔・優しい言葉・気配り・奉仕活動・感謝・譲り合い・・・

これらもすべて、エネルギー。

因果の法則によって、放ったエネルギーは同等のエネルギーとして返ってきます。

けれども、同じ姿で返ってくるとは限りません

それを裏付ける、「与え好き」と呼ばれた方をご紹介します。

この方は、ご主人が作った多額の負債を抱えておられました。

ですが、身近な幸せを見つけては、感謝する方でした。

口癖は「ありがたい」

また、以下のような振るまいを、自然にできる方でもありました。

  • 臨時収入は「もともとないお金だから」と言って、他人にご馳走する
  • 頂き物があれば、周りにおすそ分けする
  • いつも明るい表情や温かい言葉で人を和ませる

会う度に、「最近こんな嬉しい出来事があった」と、引き寄せた話をされます。

ご本人は、引き寄せの法則も宇宙の法則も知りません。

すべて、ありがたい恵みだと思われています。

決して清貧主義ではなく、お金が大好きな方。

お金があるから生計が立てられ、他人にも分けられるという考えです。

負債を抱えていたため、日々の小銭をコツコツ貯めたものを、寄付に充てられていました。

額としては、年に数千円。

盲導犬や、赤十字などに送金されていたようです。

寄付できるだけ「ありがたい」とおっしゃっていました。

詳しい経緯は伏せますが、現在は一生困らないだけのお金を得られています。

この方は、お金や物ではなく 人と接するときの態度や、言葉に乗せるエネルギー によって、お金を引き寄せたのです。

最後に・・・

  • お金はエネルギー
  • エネルギーはすべて繋がっている
  • 放ったエネルギーと同じエネルギーが返ってくる

この世界にはたらく法則を理解すると、放つエネルギーの質が大きく関係していることがわかります。

お金を引き寄せられたい方は、寄付や投資など、お金を使うことのみにフォーカスするのではなく、お金をエネルギーと捉え、日常の中で放つエネルギーそのものに、注意を向けられてはいかがでしょうか。

誰かを幸せにしている

お金を引き寄せるエネルギーのポイントは、ココです。

こちらに参加しています。
お役にたてましたら応援いただけると嬉しいです。

Share the message please.
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+