三位一体

自分の人生を生きるのは、私。

以前は、たった一人で、この世界を生きていると考えていましたので、心細さを感じていました。

でも今は、「心」「身体」「潜在意識」の三位一体で生きています。

その姿勢でいることが、身体や潜在意識と仲良くなる方法でもあると思うのです。

ちなみに、ここで使っている「心」とは、顕在意識のことではなく「魂」、すなわち真の「ワタシ」のことです。

ワタシは、身体と潜在意識に応援してもらいながら、人生の糸を紡いでいます。

今回は、身体や潜在意識が自分に向けてくれている、「愛」に気づくための内容です。

理論的な話ではなく、個人の考えを自由に連ねました。

身体は親友

心身という言葉があるように、心と身体はつながっています。

けれども、この二つはイコールではなく、協力し合う関係だと思うのです。

三次元を生きるには、心を宿す物質が必要。

身体は、その役割を引き受けてくれています。

身体によって、私たちは、この世界で多くの経験を積むことができているのです。

また、潜在意識にある情報を、生理的反応として表出し、深い場所にある心の状態を教えてくれてもいます。

つまり、病気や体調不良は、身体からの「愛のサイン」といえるのです。

私自身、病気になったり、体調を崩したりすることで、日々の健康のありがたみ、ありきたりな一つひとつの動作を、スムーズに行えることの幸せに気づくことが、しばしばあります。

このように、生まれてから命を終えるまでの間、片時も離れずに寄り添ってくれる。

だから私は、身体のことを「親友」だと思っているのです。

いつでも完璧な現実

潜在意識の中心には、高次意識(ハイヤーセルフ)がいます。

ハイヤーセルフは、個人が決めた、今世での課題の一切を把握しています。

そのうえで、必要な出会いと、本人が抱いている願望とをうまく調整しながら、完璧なフィールドを現実化してくれるのです。

もちろん、その中には顕在意識のうえで「望まない」ものも含まれます。

それでも、成長につながる学び(ギフト)は、必ずありました。

むしろ、一見望まない現実の方が、大きな変化・成長をもたらしてくれたと感じています。

すべてを見通す潜在意識の計らい
ならば、全幅の信頼を寄せて臨む

今は、この姿勢で生きるようになりました。

潜在意識が運ぶ縁

私は、フリーランスという立場で仕事をしています。

仕事のご依頼を頂いたとき、以前は、条件や内容から選んでいました。

どの選択をしても、その先に必要な縁が生まれ続けますので、選ぶことがダメというわけではありません。

ただ、思い起こすと、仕事を選んでいる時は、自分の都合(エゴ)が入っていた気がします。

たとえば、報酬が高い方、拘束時間が短い方・・・など。

すべての縁は、その時の私に必要な学びの機会として、潜在意識が与えてくれている。

よって、三位一体で生きる今は、縁が生まれた順 にお引き受けしています。

潜在意識を信じるとは、自ら恵みを取りに行かなくても、宇宙から自然に与えられると信じることです。

仕事に限らず、人生においても「来るもの拒まず、去るもの追わず」の姿勢が、もっとも自然なのかもしれません。

それが潜在意識の愛に応えることであり、結果的に潜在意識と、より仲良くなれているように感じます。

潜在意識が用意してくれた舞台で

身体に応援されながら

自分らしく踊る

こう考えて出来事に向き合っていたら、何が起こっても動じない心でいられるようになりました。

最後に・・・

答えはすべて自分の中にある

自分とは、心だけでなく、身体や潜在意識を含む三位一体のことです。

悩んだときや迷ったとき、私は他人に相談しませんが、それは身体と潜在意識に相談できるからです。

すると、多少時間はかかっても、最後にはちゃんと答えを出してくれます。

「ああ、自分はそんなことを感じていたんだ・・・」

そのような気づきと共に。

これを習慣にしたことで、内面の変化に対してとても敏感になりました。

意識上では納得したつもりでも、本心でないことは身体の動きが鈍くなりますし、「何となく」気分が優れないのです。

そのような時、これは仲間(身体と潜在意識)からのサインだと、すぐに察知するようになりました。

一体になっているのが当然である身体、目に見えない潜在意識の存在は、つい忘れてしまいがちです。

だから、人は孤独を感じる時、そばにいて欲しい存在として、外側(他者)に目を向けるのかもしれません。

どんな時でも、自分を愛し続けてくれる最高の理解者・応援者が近くにいます。

真に孤独な人などひとりもいないのですね。

こちらに参加しています。
お役にたてましたら応援いただけると嬉しいです。

Share the message please.
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+