変わっている

「変わってるね」と言われたとき、あなたはどのように感じますか。

「私が個性的ってことね!」と前向きに受け止めますか?

それとも「それ・・・どういう意味?」と相手の真意を深く考えますか?

「変わってる」という言葉だけで見れば、「普通と違う」と言われたように感じて、何となく嫌な気持ちになるかもしれませんね。

日本人は、周りと同じであることや、多数派に属することを望む傾向が高いと言われますので、変わっているという表現に、疎外感を覚えることもあるでしょう。

かくいう私も「変わってる」と言われ続けてきました。ちなみに、現在も言われていますが、何も感じません。

けれど、昔はとても辛い気持ちになりましたので、言われた側の不快さはよくわかります。

結論を言ってしまえば、自分以外はみな「変わった人」ですので、気にしなくてもいいということになりますが、現在もお悩み中の方がいらっしゃると思います。

そこで今回は、変わっていると言う側の心理と、変わっていると言われたあなたに贈りたい、私からのメッセージをお届けします。

Point

◆ 変わっていると言う側の心理

◆ 個性の生かし方

◆ 不快から学べること

 ※この記事は2分で読み終えられます

Sponsored Link

「変わっている」と言う心理

人は皆、独自の価値観をもっており、それを信じていますが、自分と「違う」人に出会うことは、往々にしてあります。

その中で、「そんな考えもあるんだな」といった 多様性(違い)を知る のです。

ところが、自分の価値観に固執している人は、それを基準に測るため、それとは違う意見や状態を「おかしい」と判断しやすくなります。

あくまで、それはその人が「正しいと信じている」価値観に過ぎません。

自分の考えや生き方、好きなこと、大切なこと・・・これらの要素は、個人のアイデンティティが強く反映 されるため、相手と自分に共通性を見いだせると、好感を抱きますし、安心も得られます

これが、心理学でいう「類似性」ですね。似たもの同士が仲良くなるのは、自然なことです。

仲間意識が強かったり、多数派に入ることに安心したりする人は、類似性を特に好む傾向がありますので、自分と合わない相手に対して、排他的な態度を示すこともあるでしょう。

しかし、「変わっている」という人すべてが、排他的な心理であるとは言えません。

中には、自分にはない性質をもっている相手に、魅力を感じている人もたくさんいます。

言葉では「変わっている」と表現しても、内心では憧れや羨望を込めていることは多々あるのです。

個性=才能

言えることは、あなたは何も変わっていない ということです。

私たちが備えている性質はすべて個性であり、「才能」と言い換えてもよいものです。

才能は、自分の人生を豊かにするためだけでなく、自分ではない存在のために「生かす」ことを目的に与えられたものでもあります。

多感な時期、私は「変わっている」と言われるのが嫌で、表面上「普通に見える自分」を演じたことがありました。

けれど、変わっていると言われることよりも、偽りの自分でいることの方が、ずっと苦しかったのです。

それは、自分で自分を否定した行為 だったため、内なる私が、はっきりと「NO」を伝えてくれたのだと思います。

壊れていないなら直さないで
If it ain’t broke don’t fix it.

もしその性質が、あなた自身に生きづらさを与えているならば、緩和などの対処が必要になることもあります。

参考:HSPは病気ではなく体質|敏感すぎる自分を守るための対処法

けれど、そうでないなら、あなたはそのままでよい のです。

繰り返しますが、全ての人が違って当たり前です。

あなたは、自分の才能(個性)を、自分や自分ではない存在のために、どのように生かせるかを考えて下さいね。

Sponsored Link

経験から学ぶ

相手が、自分をどのように見て判断しようと、それは相手の自由ですので、コントロールできません。

また、あなたがそんな相手に不快を感じても、自分が痛手を負うだけで、何もいいことはありません。

参考:仕返ししたい気持ちは不要!復讐に意味がない理由は因果応報にある

私たちが、この世界で経験するすべてには、必ず学びがあります。

社会は 多様性を認めることを学ぶ場所 です。

人だけでなく、生き方、仕事、価値、あらゆるものが多様であることを、私たちは社会というフィールドにおいて、学ばされているのです。

その中で、新たな見方を取り入れたり、自分との違いを認め、受け容れるという 寛容な心 を育むのです。

あなたは、この経験によって、違いを排除する行為が、相手にどれほどのダメージを与えるか、学ぶことが出来ました。

だからこそ、あなたは他人の違いを認められる人になれる のです。

また、「変わっている」ではなく、「異彩を放っているね」「斬新でいいね」など、相手が自分の個性を誇りに思えるような表現を選ぶ配慮もできるでしょう。

このように、経験はすべて、学びや成長をもたらしてくれるのです。

最後に・・・

あなたは「変わっている」のではなく、携えた性質はすべて「個性」です。

個性は、突出しているほど注目されやすくなりますが、それだけ 多くのエネルギーを秘めている という証拠でもあります。

変えようとするのではなく、この世界で、それらの価値をどう生かせるのかについて、考えて下さいね。

あなたの才能を必要とする人は、必ずいます。

こちらに参加しています。
お役にたてましたら応援いただけると嬉しいです。