親子関係がうまくいかない原因のひとつに、相手に対する「期待」を手放せずにいることが挙げられます。

親から子どもに対する期待、子どもから親に対する期待。どちらの場合も、相手が自分の描いたとおりの姿になってくれることを望んで います。

親子の関係を少しでも改善させたいと願う方に向け、今回は、「子どもが親に期待しない方法」を取り上げました。

これは、私自身にも関係の深いテーマです。

中学に入って以降、私は母との関係をこじらせるようになりました。理由はやはり、母に対する過度な期待です。

母も、私に対して強く期待する人でしたので、お互いが相手に期待を押し付け合う・・・そのような状態が長く続いたのです。

当時は、それに疲れて、母との接触を避けるようになりましたが、今では、母と穏やかで良好な関係を築けるようになりました。そこに至るまでの経緯をお届けできればと思います。

きっかけは、「役割者」ではなく「個人」として、母を見られるようになったことです。

Point

◆ 親に期待してしまう理由

◆ 役割者から個人へのシフトとは

◆ 親子関係を円満にする秘訣

 ※この記事は約2分で読み終えられます

Sponsored Link

親と子のつながり

父親に対する期待と、母親に対する期待は異なります。

父親には、精神面や経済面で一家を支える「柱」となって欲しい、母親には、自分の存在をそのまま受け容れる「巣」になって欲しい。父性・母性という点から、それぞれの期待を簡潔に表すと、そのようになると思います。

多いのは母親との関係に悩む方ですので、以降は母子について触れていきます。

母と子は、もともと一体だった存在が分離した関係のため、相手に対する依存度が高くなりがち です。

母は子どもに期待し、子どもは母に期待する。ある意味自然な成り行きですが、その期待が強くなればなるほど、相手が応えてくれないときの苦しみも増していきます。

それでは、親に期待しない方法とは何でしょうか。

よく言われる「諦め」も、ひとつの方法かもしれません。ただ、この考えに進むとき、親へ失望して投げやりになる人、親に「失格者」の烙印を押す人が、中にはみられます。

それでは、表面を整えたに過ぎません。あなたの潜在意識には、わだかまりが残ったままとなるでしょう。

親という役割から解き放つ

子ども、学生、社会人、配偶者、親など、人は人生の中でさまざまな役割を担います。その役割には、外部から暗黙に認知された「あるべき姿」があり、それを「役割期待」 といいます。

人は自己に対しては、役割者である前に、いち個人であるとの意識が働きやすいものです。

ところが、他者に対しては、個人であることを忘れ、相手に役割期待を抱き、それに応えるのが「当然」のように錯覚することがあります。

あなたの親も、父親・母親という役割者である前に、山田太郎・山田花子という個人なのです。親に期待しない方法とは、このように考えることです。

私は求める愛を与えてくれない母に失望しましたが、母もまた、自分の母親に愛を求め続けていました。

祖母は母が10歳のとき、子宮外妊娠の手術が失敗して亡くなりました。

朝は元気な姿で病院へ行き、同じ日の夜に亡くなって帰ってきたのです。心の準備もなく、突然に最愛の母を失う。そのときの母の心情を思うと、胸が締め付けられました。

母の下には4人の弟や妹がおり、一番下の妹は生まれたばかり。深い悲しみの中、長女として弟妹の面倒もみなければならない母の苦しみは、私が想像する以上のものであったに違いありません。

その後、再婚によって母は祖父に甘えることもできなくなり、ますます愛に飢えていきました。

個人としての母の過去に思いを巡らせたとき、母親という役割を生きるだけが、母の人生ではないことに気づきました。

また「スピリチュアルの面で見れば、母も私もこの世界に学びにきている一つの魂であり、同志なのだ」そのように考えられたことが、それまで頑なだった母へのわだかまりを、少しずつ溶かしてくれたのです。

Sponsored Link

円満な親子関係とは

情が絡む関係では、どうしても相手に強い期待を抱いてしまいがちです。

けれど、相手も自分と同じように、苦しみながら人生を紡いでいると知れば、「親子」という関係を越えた、「個人」として見る視点が芽生えます。親子関係を円満にしたいならば、親を役割者ではなく、個人としてとらえることです。

何人も役割者としての存在以前に、個人としての存在である

宇宙には「自由意思の法則」があります。個人が自分の意思のまま、自由に生きていいのです。

親とはこうあるべき。子どもとはこうあるべき。これらはすべて、文明や社会が作り上げた価値観です。誰しも他者をコントロールすることはできません。

大切なのは、相手を変えようとすることでも、諦めることでもなく、相手の自由を尊重すること です。それは、相手を許すことでもあるのです。

相手の自由を尊重することができるようになれば、親子に限らずすべての人間関係が円満になります。

なお、許しについて詳しく知りたい方は、以下の記事をご参考ください。

参考:相手を許す心の持ち方は嫌な人が消えるおまじないより強力!

こちらに参加しています。
お役にたてましたら応援いただけると嬉しいです。