私は、人生で生じた問題の大半を自力で解決しようとしてきました。それは、この人なら信頼できると感じられる存在がいなかったということもありますが、私自身が「甘え下手」な女性であったことも大きな理由です。

プロフィール に書きましたように、八方ふさがりの絶望的な状況のさなかでさえ、助けを求められる存在は一人もいませんでした。

ところが、私には自分が甘え下手であるという認識が長い間なく、それどころか自己解決できる自分を誇らしく感じていたほどだったのです。

それが、ある出来事をきっかけに、自分が甘えない(他人を頼らない)ことが、周囲にどのような影響を与えているのか、見つめることになりました。

今回は、私が甘え下手になった経緯と、甘えない時の心理状態、甘え下手に気づき、変化していく様子をお届けします。

まったくの個人的な話になりますが、このようなタイプの甘え下手もいるのだと、同じような経験をされている方や、甘え下手を克服したいと望まれている方の、ささやかな情報になれば嬉しく思います。

Point

◆ 甘え下手になった経緯

◆ 甘え下手の心理

◆ 甘え下手でも変えられる小さなこと

 ※この記事は3分で読み終えられます

Sponsored Link

しっかりしていると褒められる

私は幼い頃、普通の子ども(世間一般にイメージされている子どものすがた)ではなかったため、周囲の大人から好意的に扱われた記憶がほとんどありません。唯一、母だけは可愛がってくれました。

ただし、あることだけはやたらに褒められたのです。それは「しっかりしている」ということ。

おそらく気質なのでしょうが、好奇心が人一倍旺盛であり、何でも自分でやりたくなってしまう性分でした。

また、たまたまそれらがスムーズに進むことが多かったことから、「大人を頼らなくてもある程度のことは出来てしまう、しっかりした子」というイメージを周囲に与えてしまったのかもしれません。

大人たちからは可愛げのない子どもと見られながら、この点だけは過剰に褒められるため「しっかりしている=私の価値」という刷り込みが、無意識に出来上がっていったのです。

幼稚園・小学校・中学校へと進む中、先生方から真っ先に頂く評価が「しっかりしている」であったことも、信念の強化に繋がっていきました。

頼らなかった2つの理由

甘え下手の心理として、なぜ私が他人を頼らなかったのかについて述べたいと思います。主な理由はこの2つでした。

  1. 自分の価値を失いたくなかった
    しっかりしていることが自分の価値だと考えていましたので、他人に甘えることは価値の揺らぎになります。弱い部分を見せたくないというより、自分に自信がなかったため、周囲が認めてくれた唯一の存在価値を、頼ることによって失いたくなかったという方が、頼れなかったときの心理に近いです。

  2. 他人に心配をかけたくなかった
    甘え下手は長女気質という表現があるように、甘え下手と「しっかり者」というワードは関連が深いかもしれません。私は次女ですが、姉はおっとりとした性格で身体も弱かったため、逆に私が姉のような立場でした。
    姉のことで何かと気苦労の多い両親にとって、私がしっかりしていることはひとつの「安心材料」になっていると、まるで親孝行しているような感覚を抱いていた気がします。
    また、友人からは相談を受けることが多かったため、自分は「頼られる側」であり「頼る側」になると、相手の負担を増やしてしまうという思いから、頼れなかったのもあります。

Sponsored Link

甘え下手に気づいたとき

このように、甘えたいけれど「甘えられなかった」というよりは、私なりの価値基準にしたがって、納得のうえ「甘えなかった」という方が正しいかもしれません。

周囲から褒められた嬉しさ、私がしっかりしていることで大切な人の負担を減らせているという誇らしさ、これらによって、とくに大きな混乱を生じることなく、成人過ぎまで周囲に甘えずに過ごしました。

その中で「あれ?これは誇らしいとはちょっと違うのかも・・・」と思ったきっかけは失恋です。

当時、交際していた彼が、私の「しっかりしている」ところが好きだと言ってくれました。結果、私は輪をかけてしっかりした女性になっていきます。

けれど、男性は本来「女性を守り、幸せにすること」に己の価値を見出す生きもの。

「お前は俺がいなくても生きていける」という理由でフラれました。

傷心し、元気がなくなっていた私を見た母が、何かと世話をし始めます。しかも心なしか嬉しそう。「・・・何で?」と思いました。

すると母が「いつも大丈夫っていうけど、たまにはお母さんのこと頼って欲しいよ」と言ったのです。

私は大きな勘違いをしていたのかもしれない

そのとき、私が甘えないことによって、大切な人たちに寂しさや不甲斐なさを与えていたと、初めて気づきました。

甘えることで与えられるもの

甘えないことで周囲に与えていた影響に気づきはしたものの、だからと言って、長い時間をかけて作られた習慣は、簡単に変えられるものではありません。

わかっていながら、どう甘えていいのかわからない。甘え過ぎても依存になるし・・・甘える加減に戸惑いました。

結局、その後もしばらくは甘え下手のまま、何も変わらずに過ごします。

そのような中で訪れた転機は、絶望的な状況に陥り、たった一人で臨み苦しんでいたときに出合った「愛の理論」でした。

参考:真実の愛なんてない?愛の定義は複数あり循環させるもの

この教えによって、愛を受け取ることは、愛を与えることでもあるという本質的な愛の学びを得たのです。

そこから、まずは「相手の厚意を受け取る」ことを意識するようになりました。

今までは周囲が「○○しようか」と提案してくれても、「大丈夫」「いいから」と断ってきましたが、それを、「ありがとう」「とても助かる」と、感謝してそのまま受け取ることにしたのです。

私が変えたことは、たったそれだけです。

ところが、それを繰り返すうち、弱い自分を見せることは自分の価値を損なうものではないとわかりました。

また、大変なときは大変だと素直に言ってもいいのだと、自然に思えるようになったのです。

最後に・・・

甘え下手の方は、プライドが高い、弱みを見せないと思われがちですが、むしろ周囲に気を遣い、遠慮している方が多いように思います。

気遣いはとても大切です。けれど、気遣いと甘え下手は、生まれる根本が違うと思うのです。

気遣いは思いやりから生まれる行為ですが、甘え下手は自尊心の低さから生まれる行為。これは私自身の経験からそう感じます。

甘え下手に至るまでには、それぞれの方の気質や生きてこられた背景が関係しますので、甘え下手の心理を簡単には分類・断定できません。

今回は、私が甘え下手になった経緯、甘えられないときの心理、甘え下手を見つめ直したとき、変えた小さなこと、という流れでお伝えしました。

個人的な話ばかりでしたが、何か参考になれば幸いです。

こちらに参加しています。
お役にたてましたら応援いただけると嬉しいです。