HSPは愛すべき能力

ここ数年、HSPという言葉が、広く浸透しています。

HSP(Highly Sensitive Person)、直訳すると「とても敏感な人」

これまでは、「感受性が強い」「神経質」という言葉で、表されてきました。

程度を「過ぎる」ことは、ときに、不都合を生じさせます。

HSPも同様で、感受性が豊か過ぎることが、かえって、当人に「生きづらさ」を与えてしまうのかもしれません。

外界から受ける刺激量の多さ・複雑さによって、心身ともに疲れてしまうのでしょう。

敏感すぎることが、日常の生活や心の平穏に支障をきたすなら、対処法を身につけて、自分を守ることが大切です。

ときどき、HSPを「診断」、HSPの「治療」といった表現を目にします。

HSPは病気ではなく、気質・体質 です。

病気であれば、元の状態に戻すため、診断のうえ、適切な治療を施します。

HSPの場合は、「個性」ですので、治し方ではなく 付き合い方を知る 姿勢になります。

どうすれば、HSPと、うまく付き合えるのでしょうか。

付き合い方を知るには、以下の流れで進まれることが望ましいと考えます。

よって、本記事の構成も合わせています。

  • HSPの特徴を知る
  • HSPから受けている影響(光と影)を知る
  • 陰の条件を回避し、陽の条件を取り入れる

私は、おそらくHSPです。

自己判定のため、断言は出来ませんが、ほぼそうだと感じています。

そこで、参考までに、私の特徴や体験談も、少しだけ加えさせて頂きました。

また、生きづらい原因への対処法がわかる、おすすめの本もご紹介します。

Point

◆ HSPの光と影

◆ 恵まれた能力を活かす方法

◆ 辛さから自分を守る対処法

 ※この記事は約4分で読み終えられます

HSPの特徴

「もしかしたらHSPなのでは・・・」

きっかけの多くは、自分自身の、過度な反応だったのではないでしょうか。

HSPの特徴として挙げられるのは、身体・感覚・感情における敏感さです。

それぞれを簡潔に表します。

  1. 身体・・・五感の反応が鋭く、光・音・匂い・味・温度など、外界からの刺激を微細に感知する
  2. 感覚・・・「何となくわかる」という、超感覚(第六感)がはたらく
  3. 感情・・・共感性が高く、他者に感情移入しやすい

1.身体

人間は、五感によって、外界の情報を得ています。

HSPの方は、それぞれの感度が高いため、比例して受け取る情報量も多くなります。

  • 人混みや騒がしい環境にいると、疲れやすい
  • 集団行動や人付き合いが、あまり得意ではない

これらの特徴は、受け取る情報量も、原因のひとつなのでしょう。

HSPには、内向的な方が多いと言われますが、外向的な方ももちろんいます。

よって、外向的なHSPの方には、該当しないかもしれません。

私は、味覚を除く感覚がとても敏感。

光・音・匂い・痛み・寒さには昔から弱かったです。

痛みに関しては、治療や検査などの医療行為で、貧血や失神を招くほど反応することがあります。

薄れる意識の中で、死を覚悟したことが何度かありました。

2.感覚

HSPの方は、ここが一番理解されないと、感じられるかもしれませんね。

いわゆる 直感の鋭さ です。

超感覚(第六感)とも言われます。

具体的に言うと、表面からはうかがえないことが、直感的にわかるのです。

相手は、どのようなタイプなのか、相手の言動が、本心なのかそうでないのか・・・など。

知らなくてもいいことや、知りたくもないことまで察するため、人嫌いになるかもしれません。

このような理由から、人間関係では、必要以上に悩みを抱える可能性があります。

傷つきやすいうえ、非HSP者から「考えすぎ」「思い込みが激しい」と言われれば辛い思いもするでしょう。

なお、スピリチュアル界の一部では、HSPと霊感との関係性に触れています。

私の場合は、特段、霊感の自覚はありません。

3.感情

「心」という、目に見えない対象を感じ取るため、他者と自分を同化しやすくなります。

共感性の高さは、相手の立場を推し量れる、素晴らしい能力。

その反面、相手と自分との境界線があいまいになるため、他者のエネルギーに巻き込まれやすくなります。

五感から受ける刺激量の多さから、集団を避けがちになると先述しました。

別に、他者のエネルギーが、一方的に流入して、疲れてしまうことが理由とも考えられます。

刺激に対して反応がよいと、情緒が豊かになる、感動の閾値が低くなるといったメリットがあります。

要は、些細なことに喜び、感動できる のです。

想像力の発展も期待できそうでしょうか。

一方で、恐がりやすく、驚きやすい面もみられます。

私は、かなりびっくりするタイプです。

集中しているときに声をかけられると、身体が過度に反応してしまい、よく笑われました。

HSPとの付き合い方

このように、HSPは特徴が突出しています。

それを、才能(光)と捉えることもできれば、苦労(影)と捉えることもできます。

HSPとの付き合い方とは、日常に光の要素を多く取り入れ、影の要素を少なくしていくことです。

自分が豊かになれる、ポジティブな面は活かす、生きづらさを生んでいる、ネガティブな面は緩和する。

それには、自分自身の「取り扱い説明書」を作る必要があります。

  • HSPの特性によって、喜びを生んだ場面
  • HSPの特性によって、苦しみを生んだ場面

これをすべて書き出し、整理します。

敏感過ぎることが、「ポジティブに作用したこと」「ネガティブに作用したこと」と考えてもよいでしょう。

生きづらさへの対処法

HSPとしての特性が、ネガティブに作用した場合。

どこに原因があるかによって、対処法が異なります。

それは、多岐にわたるため、ここではおすすめの本をご紹介します。

一部、内容を抜粋しました。

  鈍感な世界に生きる敏感な人たち(イルセ・サン著)

自分の限界点をはっきり伝えておく(P146)
HSPの人は、断り上手になることが大事です。自分はどこまでなら耐えられるのか、境界線を引いておき、それを超えそうなときは「NO」と言うのです。その境界線を定めるのが苦手なら、それができるようにすることも重要です。

過度な刺激を受けたら、じっと自分の内側に集中する(P200)
何にも注意を向けず、意識を休ませることです。(中略)その間、ほとんど何もしていないと感じるかもしれませんが、あなたの内側では、実にたくさんのことが行われているのです。エネルギーを一新した後のあなたは、力強くなっていることでしょう。

自分自身へ愛情を向けて、自分を守る(P202)
一緒にいる人たちがHSPである自分の気持ちをわかってくれないと感じる状況にときどき見舞われるでしょう。(中略)そういう場合は、自分で自分を支えることが大事です。それができれば、ほかの皆からあなたが間違っていると言われても、平気でいられるでしょう。(中略)染みついた習慣を変えるのには時間がかかります。もし、自分自身に30年間、ネガティブな語りかけを続けてきたとすれば、それを一朝一夕でやめることはできません。困難で長期的な練習が大いに必要です。しかし、新たな習慣が次第に身についてくると、古い習慣はゆっくりと消えていきます

「鈍感な世界に生きる敏感な人たち」より

  • 外界からの刺激に対する疲労
  • 非HSP者との暮らし方
  • HSPによる自己肯定感の揺らぎ

おそらく、HSPの方が大なり小なり抱える、これらの問題を広くカバーしています。

この本によって、私は、HSPであることに誇りをもてるようになり、付き合い方を身につけられました。

HSPを、天から授かった才能として、日々の暮らしや仕事に活かすよう、心がけています。

48の質問からなる、チェックテストもありますので、HSPの度合いを自己診断できます。

よろしければ、ご参考下さい。

最後に・・・

HSPは、病気ではなく、与えられた先天的な「才能」です。

敏感すぎるゆえの生きづらさ、周囲にわかってもらえない寂しさなど、不安や孤独を感じることは、度々あるかもしれません。

それでも、この特性は、自分らしく生きるために必要 だから備わっています。

疲れたときのリラックス法や、楽になれる道は、それぞれに違います。

HSPの良いところを存分に活かすため、本を参考に、これまでの状態を、冷静に見つめられてはいかがでしょうか。

自分に合う対処法さえわかれば、生きづらいと感じることが、少なくなってくると思います。

こちらに参加しています。
お役にたてましたら応援いただけると嬉しいです。

Share the message please.
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+