嫉妬が教えてくれること

嫉妬は、怒りや恐れなどを含む強いエネルギーのため、味わうのは辛いものです。

だから、嫉妬をコントロールする術や、嫉妬心をなくす方法を探したくなるのでしょう。

嫉妬は、なぜ生まれるのでしょうか。

また、嫉妬は、否定に値する感情なのでしょうか。

今回は、嫉妬が生まれる理由と、嫉妬してしまう自分が嫌になる心理についてお伝えします。

あわせ、嫉妬と「憧憬(憧れ)」との違いも、簡単に添えました。

嫉妬する自分を嫌いになる前に、嫉妬がもたらす「恵み」に気づいていただければと思います。

Point

◆ 嫉妬が生まれるメカニズム

◆ 嫉妬と憧れとの違い

◆ 嫉妬の生かし方

 ※この記事は3分で読み終えられます

嫉妬が生まれる理由

嫉妬は、他人と自分を比較し、自分の方が不利、劣っていると感じられたときに生まれます。

そこには、「羨ましい」「悔しい」「なぜ」といった、さまざまな気持ちが入り混じっているため、複雑な感情です。

嫉妬の心理を細かくみると、2つに分かれます。

一つは、同じ望みを抱きながら、他人は手に入れ、自分は手に入れられていないという、「不公平さ」

もう一つは、目指していたことを、他人が先に成しえた、自分の大切なものを他人に奪われた、などの「敗北感」

どちらにも潜在する共通点は、「自分もそれを手に入れられたはず」という気持ちです。

なお、嫉妬は「憧憬(憧れ)」と同じ意味のように語られることもありますが、この二つには明確な違いがあります。

先にもふれましたように、嫉妬が生まれるときには、「自分もそれを実現できる」気持ちがあります。

それに対して、憧憬は、「自分には遥か遠いこと」と考えています。

違う表現を用いるならば、執着がない 状態です。

だから、憧れているときは、うっとりとした穏やかな心情なのですね。

嫉妬する自分が嫌になる心理

冒頭に述べましたが、嫉妬は強いエネルギーです。

嫉妬してしまう自分が嫌いになるのは、エネルギーを他人に向けている ことが理由です。

強いエネルギーで 相手を傷つけていると、潜在意識レベルで理解している のです。

意識のうえでは、「相手より自分の方がそれにふさわしい」と感じている気がするかもしれません。

しかし、深いところでは、そのような 己の傲慢さを恥じ、相手に申し訳ない気持ち を抱いています。

他人に対する罪悪感と、自分に対する嫌悪感

それを認めるのが苦しいため、嫉妬の感情から逃れたくなるのです。

エネルギーのベクトルを変える

嫉妬は、私たちに何のメリットも与えてくれない、ネガティブ一色の感情なのでしょうか。

いいえ、そんなことはありません。

陰陽の法則により、すべての事象には、プラスとマイナスがあります。

これは、嫉妬にもいえることです。

嫉妬のエネルギーは、強いパワーをもつため、プラスに活用すれば、成長を促進してくれます。

つまり、これまで 他人に向けていた 嫉妬のエネルギーを、自分に向ける のです。

世の中には、嫉妬がきっかけで、大きな成功を収めた人が、たくさんいらっしゃいます。

その人たちは、嫉妬を抑えようとはせず、エネルギーを自身の成長・発展につながる「行動の糧」にしました。

そんな動機で行動してもいいの?と思われるかもしれませんが、大丈夫です。

きっかけは、嫉妬のエネルギーでも、結果を出していく過程で、自分自身の中に気持ちの変容が訪れます。

それは、結果が表れることによって、自己肯定感や自己効力感が高まってくるためと考えられます。

すると、物事に対する見方や考え方も、次第に変化するようになっているのです。

嫉妬は願望を知るチャンス

今度は別の角度から、嫉妬がもたらすメリットをご紹介します。

それは、「自分の望みが明らかになる」という点です。

自分も叶えられると信じていながら、まだ叶えられていないために生まれるのが、嫉妬。

逆に考えれば、嫉妬を辿れば望みにあたります。

もし、幸せそうなカップルに嫉妬するなら、「好きな人と幸せに過ごす」ことが望みなのでしょう。

そこから、どんな人が好きで、どのような状態が自分にとっての幸せなのか、掘り下げていきます。

叶えるためには、望みを具体的にする必要があります。

なぜなら、そこに向かって、潜在意識が誘導してくれるから です。

最後に・・・

自分と違う人と関わるというのは、常に比較が行われるということです。

私たちは、「違い」から自分を知り、相手を理解していきます。

また、この世に生きるとは、「欲」をもつに等しいこと。

エネルギーの強弱はあるにせよ、欲がある以上、嫉妬がなくなることはありせん。

嫉妬すること自体は、自然な心の営みだととらえてはいかがでしょうか。

どうしても嫉妬が辛い時は、こんな風に考えてみて下さい。

嫉妬するということは、私もそれを手に入れられると潜在意識が教えてくれているんだ

どのような経験も、幸せにつながる「ギフト」が隠れています。

嫉妬のエネルギーを自分に向けて、できることをコツコツ重ねていく。

すると、嫉妬は、あなたの背中を押してくれる応援のエネルギー へと変わってくれます。

こちらに参加しています。
お役にたてましたら応援いただけると嬉しいです。

Share the message please.
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+