辛い記憶を消す

辛い記憶を消したい、忘れたいと望む方に向けて、お届けする3回目になります。

すべて繋がっていますので、以下に目を通していただくと、内容を統合できると思います。

また、具体的な方法を伝えている箇所では、【1】の内容が再登場します。

過去の記憶は、五感によって得た情報に、自らの解釈(意味づけ)をして保存されています。

したがって、辛い記憶を書き換えるなら、情報を構成する要素を一つずつ変えることが有効です。

構成要素は、視覚情報・聴覚情報・身体感覚情報の3つに分かれます。

今回は、「身体感覚情報へのアプローチ」です。

ここで表現している身体感覚とは、嗅覚・味覚・触覚の総称。

身体感覚は、外側から受け取る情報(匂い、味、さわり心地)と、内側から受け取る情報に分かれます。

このうち、内側から受け取る情報が、「感情」です。

本記事は、感情にフォーカスする方法をご紹介しています。

Point

◆ 身体感覚と感情との関係

◆ 辛い記憶が残り続ける理由

◆ 過去のストーリーを書き換える方法

 ※この記事は3分で読み終えられます

感情は身体感覚

私たちは、「嬉しい」「悲しい」など、言葉で表現したものを「感情」だと思いがちですが、これは「思考」です。

感情は、「感覚」であり、それを自分で理解したり、他人に伝えたりするために、言葉にするのです。

本来、感情とは、顔が火照る、喉がつかえる、心臓の鼓動が早くなる、足が震える、胸が締め付けられる・・・といった「身体感覚」なのです。

辛い記憶を維持し続けている方は、必ず感情を味わっています。

ところが、「悲しい」「辛い」と言語化すると、思考が優位になり、感情をしっかり受け止められなくなります。

感情は、感じなければ残り続けます。

言い換えると、感じれば解放できる ということです。

感情を抑圧したままになっているときは、感情を味わうことから始めます。

完了していない思い

辛い記憶が残り続けることと、復縁を望むことは、よく似ています。

どちらも、未練がある という点です。

「本当は、こんな展開になってほしかった」
「本当は、こんな気持ちを味わいたかった」
「本当は、こんなことをしたかった」
「本当は、こんな自分でありたかった」

このような、「未完了の欲求」が潜在意識に残っている。

すると、潜在意識はそれを実現させようと、辛い記憶を何度も呼び起こすのです。

潜在意識は、時間の区別がつきません。

したがって、強く刻まれていると、過去の話であっても現在の希望と認識してしまうのです。

「望んでいるんでしょ?なら実現させようよ!」

潜在意識は、いつだって味方。

当人の願いを叶えてあげたいと、頑張ってくれるのです。

そのため、辛い記憶を終了させるには、潜在意識に「もう望んでいない」ことを伝えなければなりません。

間に合うなら、今から実際に行動して、欲求を完了させる道もあります。

それが不可能なら、イメージの中で完了 させ、潜在意識に「もう叶ったから大丈夫!」と伝えます。

方法は、過去の記憶を望みどおりの展開に変えるというものです。

まず、辛い記憶の中に存在する自分が、本当は何を求めていたのかを明らかにします。

書き換えるのは、それからです。

記憶のストーリーを変える

具体的な流れに入ります。

  1. 記憶を客観視する
    【1】でお伝えした、「当事者から第三者へ」の内容にそって、過去の記憶を客観視します。
    その場面を、映画館のスクリーン、あるいはテレビの画面に映し出し、自分はそれを「見るだけ」です。
  2. 記憶を巻き戻す
    昔の映画やビデオはフィルムのため、再生中に巻き戻すと、映像が速いスピードで戻っていきました。
    そのイメージで、記憶を一気に最初まで巻き戻します。
    小刻みに動く人物、「キュルキュル・・・」と鳴り、何を言っているのかわからない音声。
    そこまで忠実に再現します。
  3. ストーリーを書き換える
    最初まで戻ったら、ここからは、自分の望み通りの内容に書き換えます。
    相手の言動、あなた自身の言動、話の展開
    どのようなストーリーになって欲しかったのでしょうか。
    脚本家として自由に決めます。
  4. 新たなストーリーを鑑賞する
    書き換えた映像を、一度客観的に鑑賞します。
    その中で、「ここは何か違う」「ここは、もっとこうしたかったんだ」と浮かんだら、都度修正 します。
    望んだ結果と、納得できるまで繰り返します。
  5. 新たなストーリーを体験する
    完成した、本当に望んだストーリーを、今度は自分が「当事者」となって体験 します。
    体験してどのような気分になったか、振り返ってみて下さい。
    何が見えましたか?
    何が聞こえましたか?
    何を感じましたか?
    それらを、言葉に表します。
  6. 以前の記憶を思い出してみる
    最初の(修正前の)辛い記憶を、再度思い出します。
    このときは、「第三者」の客観的な視点 に切り替えます。
    以前に比べて、その記憶に対する印象、感情はどのように変化したかを振り返ります。

辛い記憶として残っている、古いストーリーを再現するときは、第三者として客観的に。

新しいストーリーを再現するときは、当事者として主観的に。

ここがポイントです。

ワークの目的は、辛さが先行していた記憶に、新たなストーリーを重ねることで中和し、鎮静することです。

なお、記憶の書き換えには、「刺激強度」が関係します。

新しいストーリーを、何度も潜在意識に刷り込んで下さい。

まとめ

自分が注目する範囲以外を「削除」し、信念によって形成された独自のフィルターをとおして「歪曲」させる。

そして、それを真実と「一般化」する。

辛い記憶は、このような「脚色」を施したものであり、真実ではありません。

どのようにでも、書き換えることはできるのです。

もし、それを妨げているものがあるとすれば、信念の存在でしょう。

強く信じている信念を抱いている場合は、セルフワークで書き換えるのが困難かもしれません。

一人で苦しみ続けているなら、専門家に相談する道もあります。

記憶はすべて「過去」です

あなたは「今」を生きています

今回は、過去の場面に残されたままになっている欲求を、イメージの中で完了させ、記憶を「昇華」させる方法をお伝えしました。

縛られ続けた過去から自由になり、今を伸びやかに生きられる一助になれば幸いです。

こちらに参加しています。
お役にたてましたら応援いただけると嬉しいです。

Share the message please.
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+