辛い記憶を「消す」ことは出来ないけれど、「書き換える(上書きする)」ことはできると、こちらでお伝えしました。

今回は、続きとなる、聴覚情報へのアプローチです。

辛い記憶に組み込まれている、「音」に対する情報を変えていく方法をお伝えします。

Point

◆ 感情に与える音の影響

◆ 音の記憶を書き換える方法

 ※この記事は2分で読み終えられます

音が与える心理的影響

鳥のさえずりや小川の流れ、クラシック音楽など、心地よい音があります。

一方で、激しいクラクション、工事現場のドリル音など、耳をふさぎたくなる音があります。

「音波」という言葉があるように、音にも波動(エネルギー)があります。

先に挙げたのは、一般的な例であり、人によって、心地よい音は異なるかもしれません。

音は、本能を司る「大脳辺縁系」でキャッチされるため、感情に大きく影響 します。

よって、「映像」としての視覚情報を書き換えても、耳にした相手の「声」など、聴覚情報によって、苦しめ続けられることがあります。

辛い記憶の中に登場する人物。

多くは、怒鳴る・突き放す・まくしたてる・見下すなど、不快をもたらす発話でしょう。

その声を分析します。

分析の基準は、大きさ・速さ・抑揚 です。

音を書き換える方法

辛い記憶の中に残る音(声)は、当人に、怖れや悲しみを与える性質をそなえています。

聴覚情報へのアプローチとは、記憶の中に残っているこれらの不快な性質を、心地よいものに変えることを意味します。

具体的な方法は2つです。

  1. 音(声)の性質を変換する
  2. 軽快なBGMを流す

1.音(声)の性質を変換する

身近な人の中で、「声・話し方が耳に心地よい」あるいは「笑ってしまう面白い話し方」の人を浮かべます。

いない場合は、著名人の中で探してみて下さい。

その声の性質(大きさ・速さ・抑揚)を、辛い記憶から聞こえる声とチェンジします。

たとえば、ドスを効かせて「バカヤロー」と怒鳴られた声を、志村けんさんの「バカ殿様風」に変換します。

いかがでしょうか。

コントです。

このように、場面から受ける音の印象を、まったく違うものに変えるのです。

ミッキーマウスの声が、わりと選ばれるみたいですね。

軽快なBGMを流す

場面全体が、辛い記憶として強く定着している。

その場合は、相手の声を一つずつ変えるより、全体の印象を、BGMで塗り替える方が早いかもしれません。

懐かしい歌を聴くと、当時を思い出すように、曲と場面は結びつきやすい もの。

テレビドラマには、必ずテーマソングが用意されます。

それは、曲とドラマのイメージを結びつけるためです。

この原理と同じです。

ポイントは、自分とって好ましい効果を与える曲 を選ぶこと。

テレビの音量をゼロにするように、辛い記憶の場面から聞こえる音を全て消します。

そこに、お気に入りの曲をバックミュージックとして流しましょう。

まとめ

音は、本能でキャッチするため、感情に与える影響は大きくなります。

そのため、辛い記憶の中に存在する音が、いつまでも当時の感情を呼び起こすことがあるのです。

今回は、聴覚情報を好ましい性質に変えていく方法についてお届けしました。

人は、視覚を優先しやすいと言われますが、実際は、「利き手」のように「利き感覚」があります。

よって、視覚より聴覚や身体感覚のほうが優位な人 もいるのです。

記憶を辿ったとき、映像(視覚)・音声(聴覚)・感情(身体感覚)のどれが、真っ先に浮かぶか。

そこから、利き感覚を測ることができます。

潜在意識を書き換える仕組みで触れたように、記憶の書き換えには時間がかかります。

効率よく効果を上げるには、日ごろ優位の感覚を中心にアプローチ するのが望ましいと思います。

シリーズでお届けしている、記憶を書き換える方法。

最後は、身体感覚(感情)へのアプローチです。

こちらに参加しています。
お役にたてましたら応援いただけると嬉しいです。

Share the message please.
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+