日々を穏やかに、平和に過ごしたい。誰もがそう願うもの。ところが現実は、「感情」に心を乱されることなんて多々。

過去の辛い記憶に囚われて、身動きがとれなくなることもありますよね。

思い出したくないのに、勝手に浮かんでくる。このように、辛い記憶というのは、たいてい自分の意思に関係なく、一方的に顕れてくるものです。

辛い記憶を消したい、嫌な記憶をすべて忘れたい・・・けれど、そのようなことが出来るのでしょうか。

脳という機能を単体で考えるなら、理論上では可能です。

ただし、それは「消す」ではなく「書き換え(上書き)」という意味になります。

今回は、その「辛い記憶の書き換え(潜在意識の書き換え)」に対する、具体的な方法をご紹介します。

Point

◆ 記憶を構成しているもの

◆ 記憶を書き換えるとは

◆ 記憶を書き換える具体的な方法

 ※この記事は3分半で読み終えられます

Sponsored Link

自ら記憶に意味を与えている

過去に起きた出来事を無かったことには出来ません。

時々、過去の嫌な記憶が思い出せなくなるという現象がみられますが、それは、記憶が消えたのではなく、思い出すことで当人が苦しまないよう、潜在意識によって護られているためです。

意識のうえで思い出せなくても、生まれてから死ぬまで、私たちの経験はすべて潜在意識に記録されています。

ただ、出来事自体に意味はありません。記憶に付随する意味は、すべて「自ら後付けした」ものなのです。

このように、私たちの記憶は、ありのままの「無色透明の記憶」ではなく、「独自に色づけした記憶」

したがって、起こった事実は変えられなくとも、意味づけは変えられるというわけです。

 

記憶の構成要素

長期にわたって保持される記憶には、意味記憶とエピソード記憶があり、いつまでも苦しめられる辛い記憶は、エピソード記憶です。

記憶の種類については、以下をご参考下さい。

参考:潜在意識を書き換える方法は記憶の種類で変えると効果アップ!

エピソード記憶は、その場面を構成する要素(五感から取り入れた情報) によってゲシュタルト(全体)を作り上げます。

なお、構成要素は次の3つに分類できます。

  • 視覚情報
  • 聴覚情報
  • 身体感覚情報 (味覚・嗅覚・触覚)

たとえば、失恋したときの場面を例に挙げます。

  • 視  覚・・・彼の冷たい顔、公園のベンチ
  • 聴  覚・・・「別れよう」 というセリフ、突き放すような言い方
  • 身体感覚・・・胸がぎゅっと締め付けられる、彼が吸ったタバコの匂い

この場合、相手の表情やセリフ、言い方から「愛する人に拒まれている」と認知します。

それによって、胸がぎゅっと締めつけられる身体反応が起きる。

その反応が、この場面全体(ゲシュタルト)を、「悲しい失恋の記憶」として意味づけし保存するのですね。

構成要素は、その記憶を呼び起こす「スイッチ」の役割 を果たすことがあります。

上記の例なら、公園のベンチを見る、タバコの匂いを嗅ぐなど、当時の記憶に関連する情報を、まったく別の場面で取り入れただけで、失恋の記憶を想起させ、記憶に意味づけされた「悲しみ」を湧かせる・・・という具合です。

また、スイッチが働かなくても、突然記憶が浮かび上がり、感情を再体験することもあります。

Sponsored Link

記憶を書き換える方法

以上のことから、記憶の書き変えには、記憶全体を構成しているパーツを変えることが有効だと言えます。

具体的には、辛い記憶(全体)を構成している要素(部分)を細分化し、そこにアプローチしていく方法です。

まず、あなたが消したい、忘れたいと思っている記憶をひとつ思い出して下さい。

「何が見えますか」「何が聴こえますか」「どのような身体の感覚を味わっていますか」

それらを一つずつ、言葉にして整理します。それが、あなたを苦しめる記憶を構成している要素です。

次に、その要素を変えていきます。本記事では3つの構成要素のうち、一つ目の「視覚情報へのアプローチ」をご紹介していきます。

1.【当事者】から【第三者】へ

記憶は、自分がその場面に参加している 映像と、傍から眺めている (自分が自分を見ている) 映像とに分かれます。

前者は当事者として「体験」していますが、後者は第三者として「傍観」している、つまり「他人事」になっているため、辛さは前者の方が強くなります。そのため、あえて当事者から第三者になり、出来事と距離を置く のです。

うまくできない時は、映画館の大きなスクリーンにその場面を映し出し、あなたが観客席に座って観ている姿をイメージしてみて下さい。

2.【カラー】から【セピア】へ

「当時の様子が、色鮮やかに甦る」楽しい記憶を思い出すとき、このような表現を使いますね。

カラーで保存される記憶は、潜在意識に濃く記録 されている証拠。それだけ 受けた印象の衝撃が強い のです。

それを和らげるため、1.で距離を置いた場面を「セピア色」にします。

モノクロに変えてもよいですが、白と黒は「喪」をイメージ させるため、悲嘆な記憶として印象づく可能性があります。よって、柔らかい記憶にするため、私はセピアをおすすめします。

この辺りは好みでお選び下さい。要はカラーでなければよいのです。

3.【パンフォーカス】から【ソフトフォーカス】へ

パンフォーカスとは、全ての焦点を合わせること(A)、ソフトフォーカスとは、全ての焦点をぼかすこと(B)です。

辛い出来事ほど、相手の顔や周りの景色をハッキリ記憶するもの。それをぼんやりさせて 記憶を鈍くする のが目的です。

Cは、セピア+ソフトフォーカスに加工したものです。Aと比較してみて下さい。これほど印象が変わるんですよ。

まとめ

  • 記憶は、ありのままではなく、独自に色づけしたもの
  • 構成要素は、視覚情報、聴覚情報、身体感覚情報 の3つ
  • 構成要素によって記憶全体に「意味」を与えている
  • 辛い記憶を書き換えるには、構成要素を一つずつ変えていく

残念ながら、記憶を消すことはできません。けれど、「辛い記憶」「嫌な記憶」という意味は、変えることができます。

今回お伝えした方法は一人でもできるメソッドですが、以下の方は、セルフケアより専門家に相談される方が望ましいと考えます。

  • トラウマになっている
  • 思い出すと身体反応(発汗・動悸・頻脈など)がみられる
  • 記憶の存在が、別の不都合な現実から「逃避」できている

 辛い記憶の書き換えは、シリーズにしていますので以下へと続きます。よろしければご参考下さいね。

参考:【2】聴覚情報への記憶の書き換えアプローチ
参考:【3】未解決感情への記憶の書き換えアプローチ

こちらに参加しています。
お役にたてましたら応援いただけると嬉しいです。