引き寄せの法則の良い気分とは

引き寄せで願いを叶える方法のひとつに、「良い気分」でいることが挙げられています。

良い気分という曖昧な表現は、その後、「ポジティブ」「プラス」「ワクワク」など、多様な解釈へと発展しました。

特に「ワクワク」という言葉は、高揚したり、胸を躍らせたりする姿をイメージさせます。

そのため、「嬉しい、楽しい、大好き」といったテンションだと、誤解されるのでしょう。

(注:ドリカムファンではありません)

ところが、真の良い気分とは、そのような状態を指しているのではありません。

それは、まるで波一つない穏やかな海のように、とても 静かな心 なのです。

いらない力が抜けた状態、と言えばいいでしょうか。

良い気分というより、「心地よい気分」という表現がふさわしいかもしれません。

今回は、引き寄せで願いを叶えるために必要な、真の良い気分になる「思考法」について説明します。

Point

◆ 真の「良い気分」とは

◆ プラス思考の落とし穴

◆ 中庸を生み出す思考

 ※この記事は約4分で読み終えられます

プラス思考の危険性

良い気分を、「プラス思考」と同じ意味に考えている方は、ものごとのよい面だけを見ようとします。

そのため、嫌なことが起こったり、思い通りにいかない時など、不快を感じる場面では、良い面をみなければと、急いで思考をグイっと調整するのです。

ポジティブ・シンキングも、プラス思考と同じ意味。

深層では、ネガティブな感情を否定しているため、以下を引き起こす可能性が高く、注意が必要です。

  • ネガティブを拒絶する
  • 恐怖を潜在意識に記録しやすくなる 

また、マイナスからプラスへ、思考を急転換させるときは、力が入ります。

頑張ることや努力は、引き寄せに逆効果だと言われるのと同じで、力が入るときは、何か無理が生じているのです。

ちなみに「ワクワク」は、平常心(ゼロ)ではなく、プラスに偏っている状態です。

ワクワクは、快楽ホルモンが起こす現象であり、その後は、鎮静ホルモンが元の状態に戻します。

これは、人間の生理機能として、もともと備わっている仕組みです。

確かに、ワクワクの状態は良い気分です。

しかし、上がれば下がるのは、この世の摂理。

ハイテンション(上昇)の後には、必ずローテンション(低下)が起こります。

実は、このような 極端なアップダウン は、波動によい影響を与えないのです。

良い気分とはリラックス

願望が実現しやすいのは、宇宙の流れと調和しているとき

引き寄せで願いを叶えることは、潜在意識の導きに従い続ける ことです。

導きは、インスピレーション(閃き)という形で、宇宙から送られてきます。

それには、自分の波動が、宇宙と調和している(クリアである)ことが大切です。

「期待しない」「手放す」と言われるのは、執着がクリアな波動の妨げになるからです。

宇宙は、偏りのないバランスのとれた世界

その宇宙と調和するためには、バランスのとれた「中心」に存在する必要があります。

仏教では「中道」、儒教では「中庸」などと表現されますね(以降は中庸で統一)。

中庸とは 心身いずれも完全にリラックスした姿 であり、平和な心の状態です。

このような、平穏な心でいられるときの姿こそ、本来のあなたです。

座禅を組んだり、瞑想したりするのも、中庸に存在するため。

心理学には、無我の境地を示す「フロー」という概念があります。

これは、エゴが取り払われ、中庸な心で何かに没頭している様子を表しています。

フロー状態では、宇宙エネルギーの流入がとてもスムーズになるため、パフォーマンスが劇的に向上するのです。

中庸を生む思考

引き寄せで願いを叶えるためには、中庸に存在することが大切。

ここでは、中庸でいるために必要な、思考法についてお伝えします。

波動をクリアにするために、取り入れられている思考法には、3つの型が見られます。

  • 陽転思考
  • 選択思考
  • 中心思考

これらの名称は、唱える人によって定義が異なるため、先に本記事で使う定義を示します。

陽転思考・・・マイナスの事象をプラスに変換する思考
選択思考・・・マイナスの事象のプラスを見て、どちらを採用するか選択する思考
中心思考・・・マイナス・プラスどちらの事象も反対側を見て、中心に戻る思考

陽転思考

陽転思考は、先の項目「プラス思考の危険性」でも触れた、プラス思考です。

マイナスに感じた出来事を、無理矢理プラスに変化させます。

繰り返しますが、マイナス感情そのものへの拒絶や、マイナス感情を抱く自分への否定を生みやすいです。

したがって、引き寄せには逆効果となる思考法です。

選択思考

選択思考は、陽転思考を発展させた思考法です。

この段階になると 出来事は無色透明であり、プラスもマイナスもない ことを理解できています。

マイナスを拒むのではなく、嫌なことのマイナス、プラス両面に目を向け、比較する(ここが大きな違い)。

そのうえで、どちらの見方を選ぶか、自由に決める思考法です。

陽転思考に比べ、柔軟性が高い考え方といえます。

また、マイナスに背を向けていないため、ネガティブに対する恐怖も和らぎます。

現在、この段階の方は、わりと見られるように思います。

陽転思考にも共通しますが、選択思考の注意点を挙げるなら、「マイナスの出来事しか修正しない」という点です。

つまり、プラスと感じる出来事はそのまま なのです。

マイナス → プラスを見る → 不快の緩和
プラス → そのまま → 快の持続

中心思考

中心思考とは、プラスに感じる出来事にも、あえて反対(マイナス)の側面に意識を向ける 思考法です。

プラスやマイナスという表現を用いてはいますが、先述したように出来事は全て無色透明です。

そこに望ましい(プラス)、望ましくない(マイナス)という色を、自分でつけているだけなのですね。

人は快を追求し、不快を回避しますが、いずれも「偏り」です。

快ならよいのでは?と思われるかもしれません。

しかし、陰陽の法則でお伝えしたように、この世界は常に両極を携えて一つです。

よって、宇宙の流れと調和する、中庸に至る思考法とは、この中心思考を意味します。

最後に・・・

願望実現しやすいのは、宇宙と調和しているとき。

なかなか実現しない、引き寄せは難しい・・・と頭を抱える方は、いちど思考法を見つめられてはいかがでしょうか。

望ましくないように見えることにも、同じだけの量、望ましい面がある
望ましいように見えることにも、同じだけの量、望ましくない面がある

これが、「闇の中にある光、光の中にある闇を知る」ということです。

自分にとって望ましい事、そうでない事、どちらも両面を見る

リラックスした中庸な心でいるためには、これを習慣化してみて下さい。

初めは、起こる出来事のいちいちに、両面をみる作業が必要となるため大変です。

けれども、慣れてしまえば、起こる出来事そのものに、一喜一憂しなくなります。

俗にいう「反応しない」状態です。

これが、中庸への王道であると思います。

こちらに参加しています。
お役にたてましたら応援いただけると嬉しいです。

Share the message please.
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+