特定の人 引き寄せ

特定の人に片思いすれば、当然ながら成就させたいと願うもの。

でも、相手の気持ちがわからない・・・。

そのような苦しい状況に、身悶えしている方も多いでしょうね。

新しい消しゴムに片思いの相手の名前を書いて、誰にも知られずすべて自分だけで使い切ったら成就する

かくいう私自身、学生の頃にこのおまじないを試したことがあります。

残念ながら、相手には別に想い人がいると知り、成就どころか消しゴムを使い切ることもなく、あっさり諦めました(苦笑)。

今の時代なら、おまじないより引き寄せの法則や、潜在意識を活用したほうが早そうですね。

そこで気になるのが、この言葉です。

一度は耳にしたことがありませんか?

 特定の人を引き寄せようとしてはいけない 

ところが、ネットには、特定の人を引き寄せる方法がたくさん紹介されています。

これでは、「結局どっちが本当なの?」と混乱してしまいますよね。

今回は、特定の人を引き寄せる行為に対して、なぜ両極の情報が存在するのか。

また、潜在意識と引き寄せの法則を活用して、片想いを成就させるコツをお伝えしたいと思います。

Point

◆ 特定の人を求めるときのエネルギー

◆ なぜ引き寄せられるのか

 ※この記事は約4分で読み終えられます

特定の人を望むときのエネルギー

結論を言えば、特定の人に対して、物理的な接触をせずに想いを届けることはできます

過去に潜在意識の構造をご紹介しましたが、私たちのエネルギーはすべて繋がっています。

そのため、特定の人に対して思うことは、潜在意識をとおして相手にもしっかり届きます。

もちろん、「エネルギーの質」や「エネルギーの強さ」によって、相手の受け取り方に差がでるでしょう。

実は、ここが重要点なのです。

特定の人を想うとき、あなたはどのような心境でしょうか?

穏やかですか?

乱れていますか?

それがそのまま、相手に放つエネルギーの質になります。

つまり、どのような心の状態で相手を想うかによって、特定の相手があなたに近づくか離れるかが分かれるのです。

  • あの人は、こんな私を好きになってくれるかな
  • あの人を、他の人には絶対に渡したくない
  • 私には、あの人でないとダメ

片思いの時期は、多くの場合「不安」や「焦り」が表れやすくなります。

それは、成就を願う 執着の強さに比例 します。

相手を想う心は、「愛」と「執着」に分かれますが、愛は相手の幸せをただ純粋に望むこと。

一方、執着は相手を自分のものにしたいという「所有欲」を抱くことです。

所有欲には、相手をコントロールしようとする波動が含まれています。

たとえるなら、エネルギーの先に手が伸びているようなイメージ。

・・・こわいですね。

特定の人を引き寄せようとしてはいけない、という情報が伝えているのはここなのです。

引き寄せられるケース

それでは、実際に引き寄せの法則を活用して、特定の相手への片思いを成就した方々は何をしたのでしょうか。

それは、主にこの3点であると考えられます。

  1. 相手が自分といて幸せを感じている姿をイメージした
  2. 相手と自分とのパワーバランスがとれていた
  3. 自分に対する高いセルフイメージを抱いていた

1.相手が自分といて幸せを感じている姿をイメージした

「自分が相手を幸せにしている」というエネルギーを送れるのは、「相手を幸せにできる、魅力のある自分」というセルフイメージがあるからです。

自分を好きになってくれるかな・・・

他の人を好きになったらどうしよう・・・

ところが先述したように、これらは「自分には魅力がない」というセルフイメージによって生まれる思考です。

自己肯定感が高まっている時の波動は、とてもクリアです。

これは、私たちが本来あるべき状態なのです。

しかし、私たちは過去の経験によって、「自己否定」の観念を少なからず育てています。

それが、次に挙げる「パワーバランスの乱れ」を生むことに繋がるのです。

2.相手と自分とのパワーバランスがとれていた

惚れた者の弱み

あばたもえくぼ

片思いの時期は、相手のよい面ばかりに注目し、相手を勝手に理想化して「高く持ち上げる」傾向にあります。

そのため、相対的に自分が低くなっていきます。

このようなパワーバランス(力関係)では、相手に好かれようとする意識が働くため、次第に「自分らしさ」から遠のいていくことになります。

それによって、セルフイメージもどんどん下がっていくでしょう。

パワーバランスを均衡させるには、相手の素敵な部分が自分にも内在していることに気づく ことです。

惹かれるのは、相手とあなたの波動に引き合う要素があるから。

つまり、魅力的な相手と同じように、あなたも魅力的な人 だということです。

現在、相手をかなり理想化している方は、そこにイメージングを組み合せるとよいでしょう。

相手がどんどん小さくなり、自分がどんどん大きくなっていく 姿を繰り返しイメージしてみて下さいね。

初めは抵抗があっても、次第になじんできます。

3.自分に対する高いセルフイメージを抱いていた

1と2のまとめになりますが、己の素晴らしい価値に気づき、毎日を自分らしくイキイキと暮らす ことにより、セルフイメージが上がっていきます。

片思いのときは、とかく相手一色の生活になりやすいもの。

まず、自分の人生を思い切り楽しむことが大切です。

すると不思議なことに、特定の相手に対する想いが、執着ではなく「愛」に変わるのです。

もちろん、そのエネルギーは、潜在意識から相手にもちゃんと伝わっていきます。

この状態になると、片思いを成就させたいという願望が弱まっていることにも気づくと思います。

「相手のことは好きだけれど、私も十分幸せだから、叶っても叶わなくても、どっちでもいいかな」

すると、特定の相手と結ばれる、もしくはそれ以上の良縁に恵まれる、ということが起きるわけです。

まとめ

特定の相手を引き寄せようとしてはいけないと言われる理由は、愛ではなく執着(所有欲)になっているからでした。

根底にあるのは、自分に対する低いセルフイメージです。

一方、特定の人への片思いを成就させられる人は、自分を大切にしているため、高いセルフイメージを維持していました。

引き寄せの法則をうまく働かせるためには、宇宙の流れに調和していることが大切です。

調和とは「中庸」 。

余裕ある静かな心でいることです。

それには、「片思いの相手に満たしてもらいたい」という必死なあなたではなく、「自分で自分を満たせている」 誇りあるあなたになっていることが大切なのです。

好きな人ができると、その人と結ばれることをゴールにしがち。

ですが、結ばれたときがスタート。

そこから先は、二人で関係を創り上げていくことになります。

理想的な関係を築いていくには、お互いが自立し、相手を理解し尊重できる姿勢であることが不可欠。

一人でいても幸せ

二人でいればなお幸せ

特定の人を引き寄せ、その後も幸せな関係を維持したいならば、このスタンスでい続けて下さいね。

こちらに参加しています。
お役にたてましたら応援いただけると嬉しいです。

Share the message please.
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+