潜在意識の整理と収納掃除

掃除は、潜在意識を整えるのに効果があると言われています。

精神修行の場でも、必ず掃除から始めますね。

潜在意識とトイレ掃除との関係については、以前こちらで触れました。

今回は、トイレ掃除以外におすすめしたい、「収納掃除」についての内容です。

潜在意識と収納掃除の関係を考察しました。

Point

◆ 潜在意識の状態を知る方法

◆ 潜在意識と収納との関係

◆ 無理のない掃除方法

 ※この記事は2分半で読み終えられます

現実は潜在意識を反映

私たちは、自らの「意思」にしたがって行動していると考えています。

ところが実際には、潜在意識からの指令によって、意思が生まれています。

つまり、意識がとらえている世界は、潜在意識をそのまま反映していると言えるのです。

潜在意識が整っていない特徴。

そのひとつとして挙げられるのは、不衛生や煩雑な状態の放置 です。

不衛生な場所をきれいにし、煩雑な状態を整理整頓すれば、潜在意識が整う。

逆に言えば、そうなります。

これは、顕在意識(環境)から、潜在意識へアプローチする方法です。

潜在意識と収納の関係

収納は、「収める」役割だけでなく、「隠す」役割もあります。

たいてい、表に出しておきたくないものを、収納するのではないでしょうか。

そして、深層にある潜在意識もいわば隠れた意識。

よって、潜在意識と収納スペースはリンクしやすい と言われています。

テキパキ掃除をしているときと、やる気がなくて汚れたままにしているとき。

双方の心を比較してみます。

前者よりも後者のほうが、心が落ち込んでいたり、悩みや不安を抱えているのではないでしょうか。

エネルギーが低下すると、行動が抑制されます。

すると、次第に波動も下がってきます。

それが、汚れた状態に、不快や違和感を抱くセンサーを鈍くさせるのです。

不衛生な場所は波動が低いため、自分の低い波動と共振しているから気づきにくいとも言えるでしょう。

よって、エネルギーが低いときほど、掃除が大切になります。

それには、無理のないペースで続けられるような工夫も必要ですね。

減らしてスペースを確保

「引き寄せたいなら、まずスペースを作る」

引き寄せの観点からも、潜在意識の整理は大切です。

ここでいうスペースには2つの意味があります。

  • 新しいエネルギーを入れるスペース
  • エネルギーの流れをよくするスペース

そのため、単に「整頓」するだけではなく、モノを減らす「整理」が必要 です。

満員電車をイメージしていただけると、わかりやすいかもしれません。

あの状態が不快なのは、密度が高すぎて、エネルギーの流れが悪いからです。

また、対人距離が近すぎるため、他人のエネルギーを直に受けてしまうという理由もあるでしょう。

エネルギーの流れは、引き寄せに限らず、波動、体調など、あらゆることに関わります。

収納スペースが満員電車になっている方は、密度を低くされるとよいかもしれません。

スペースができると、空気の通りがよくなるため、埃が溜まりにくくなるという利点もあります。

掃除は長期分散で

掃除が苦手な方や、すでに収納が大変なことになっている方は、作業を細分化すると楽です。

クローゼット、押入れ、掃除収納、台所収納、冷蔵庫、下駄箱・・・収納スペースは、たくさんあります。

これらを短期間で一気に掃除しようとすると、集中力も意欲も持続できません。

もしかしたら、取りかかることすら難しいかもしれません。

「今日は冷蔵庫の野菜室のみ」

「今日は和室の押し入れ上段のみ」

このように、短時間で終えられる範囲を一日一か所と決めれば、無理なく楽しく続けられると思います。

また、環境が整っていく過程を味わったり、達成感を積み重ねたりする のは、波動の維持においても有効です。

自分との小さな約束を守り続けることは、自信にもつながります。

最後に・・・

目につきやすい場所は、自分が快適に過ごすためにも、整えようという気持ちになりやすいです。

けれども、隠してしまえる場所は、「面倒」という気持ちが先立ちます。

したがって、高い意識でない限り、整え続けるのは難しいものです。

また、人目につく場所ならば、「きれいに掃除している」という他者評価も得やすいでしょう。

ところが、収納スペースは、そのような評価を受ける可能性も低い場所。

それを常にきれいにできる。

これは、「自分はきちんとしている」という、自己肯定感の向上 にも繋がります。

掃除は心の掃除

学校で教わったこの話は、きれいごとではなく、潜在意識に触れた本質的な内容だったのですね。

こちらに参加しています。
お役にたてましたら応援いただけると嬉しいです。

Share the message please.
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+