人間関係

何もかもがいやになって、人間関係をリセットしたくなるときがありますね。

わかり合えない苦しさ、理不尽な対応に悩む、そのようなときは、人と関わること自体が苦痛になるものです。

人との関わり方には、さまざまな選択肢があります。

ところが、私たちは「関わるか」「関わらないか」という、二者択一で決めようとしてはいないでしょうか。

これでは、相手と「関わりたくない」けれど「関わらなければならない」という場合に、大きな葛藤を生みます。

また、真面目な方ほど、誰とでもうまく付き合っていかなければならないと考えがちです。

本当にそうでしょうか?

人間関係はリセットしてもいい のです。

付き合い続けることにより、生きるエネルギーを奪われるくらいなら、離れた方がよほど健康的に生きられます。

大切なのは、自分の潜在意識に問う こと。

今回は、人間関係とりわけ苦手な人との付き合い方について触れます。

付き合い方には、さまざまな選択肢があることを知り、最も楽になる関わり方 をご自身で決めて頂ければと思います。

Point

◆ 人間関係の選択肢

◆ 自分の本心に気づく

 ※この記事は3分半で読み終えられます

接触の有無

第一段階として考えるのは、「接触をする」か「接触をしないか」です。

接触は、物理的、機会的な関わりを意味します。

たとえば、相手の存在を捉えることができる「場所」に身を置くのか、電話・手紙・メールなどの「通信手段」によって、場所が離れていても相手と関わる「機会」をもつのか。

ここで「接触無し」を選べば、その相手とは、一切関わらないことになります。

これが、リセットです。

けれども、接触有りを選んだからといって、必ずしも相手と親しくなることを望んでいるとは限りません。

同僚・取引先といった仕事上の関係、同じ社宅・ママ友達など、家族を絡んだ関係になると、苦手な人でも接触を避けることが難しくなるものです。

その場合は、「心理的距離」という観点で、関わり方を選ばれてはいかがでしょうか。

関係における心理的距離

相手との接触(関係の築き方)には、3つの選択肢があります。

  1. 親しい関係
  2. 形式的な関係
  3. 心を閉ざした関係

この中で、相手と「心の距離」を近づけたいという気持ちがあるのは、親しい関係のみです。

形式的な関係とは、便宜上、関わらなければならないが、心理的には一定の距離を保ち、必要以上に接触をもちたくないという、いわば「割り切った関係」のこと。

心を閉ざした関係は、事情によって、接触を避けられなかったものの、心理的には一切関わりたくないという、完全に心のシャッターを締め切った状態のことです。

どれが正しく、どれが間違っているということはありません。

あくまで、関係構築の選択肢です。

相手との関わり方において、自分が望むのは、上記のうちどれでしょうか。

本心によって種が変わる

相手と親しくなりたいわけではないけれど、割り切ることも、心を閉ざすこともできない。

そのような方もいらっしゃると思いますので、一点補足します。

このケースの深層は、2つに分かれています。

  1. 親しくなりたい(本心) → 自信がないから「親しくなりたいわけではない」と思い込んでいる
    本当は親しくなりたいから、割り切ることも心を閉ざすこともできない(諦められない)
  2. 親しくなりたくない(本心) → 相手と距離をとることができない
    本当は心理的な距離を置きたいが、そうすることで不利益を被ることを怖れている

1なら「何によって自信がないと感じるのか」、2なら「怖れている不利益とは何か」を見つめて下さい。

たとえば、以下の記事で触れた、職場の苦手な人や、合わないママ友と付き合うことは、2に該当します。

こちらでは、相手に振り回されているという感覚から自由になる方法もお伝えしています。

いずれも、人間関係の悩みをもたらす「種」を知るチャンスです。

中には、そこまでたどり着けない方もいらっしゃいますが、それは、自分の感情と向き合うことを無意識に避けているからでしょう。

普段から、感情を客観視(モニタリング)する習慣 をもち、センサーを磨いておかれることをおすすめします。

自分の望みを優先

「皆と仲良くしましょう」

「誰に対しても平等に接するように」

このような教えを受けて、私たちは育ちました。

そのため、これらの教えを忠実に守る、真面目な方ほど、本心にフタをしてこられたかもしれません。

けれど、それによって、自分が苦しむことになっては本末転倒です。

相手に応じて関わり方を変えることは、「酷いこと」でも「間違っていること」でもありません。

人のタイプは千差万別であり、すべてに対して「同じように」関わること自体が、そもそも無理なのです。

関係構築は、双方の意思で決まる

あなたも相手も、自由に選んでよいのです。

優先するのは、あなたが相手と「どのような関係を築きたいか」であり「どのような関係を築くのがよいか」ではありません。

本心にしたがう選択が、あなたが最も楽になれる関わり方なのです。

宇宙の法則のひとつである「波動の法則」によって、同じ波動同士は引き合い、波動が合わなくなれば離れていきます。

関係性が終了(リセット)するのは、自然なことなのです。

ただし、自分自身の課題から目をそらして、都合の悪い相手との関係を「無理やり」リセットするのは「逃避」であり、宇宙の流れに逆らった行為になります。

その場合は、同じタイプの相手と遭遇し続けることになるため、ご注意ください。

最後に・・・

関わりたいけれど、相手が自分の望むように反応してくれるかどうかわからない・・・。

片思いなど、恋愛の場面でも多くみられる心理です。

傷つくのが怖くて何もできないまま、悩みだけを肥大化する。

これは、視点が「相手」に向いています。

その前にまず、「自分」の望みをはっきりさせることが大切です。

相手の反応は、一旦脇に置いて考えて下さいね。

事のスタートは常に自分

自分が「与える」ことをしなければ、相手は「受け取る」ことができません

本心に従ったエネルギーを放ちましょう。

どのように受け取るかは、相手の自由であり、自分がコントロールできる領域ではありません。

それが「一つの答え」であると、受け容れるだけです。

今回は、関係をリセットしたい方、苦手な相手との付き合い方に悩む方に向けて書きました。

なお、相手と親しい関係を望む選択をされた方は、こちらが参考になると思います。

こちらに参加しています。
お役にたてましたら応援いただけると嬉しいです。

Share the message please.
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+