大切な人の一番でありたい

以前、愛着障害について触れました。

参考:潜在意識に残るインナーチャイルドと愛着障害との関係について

愛着に関連の深い概念の中に「安全基地」があります。

意味を簡単に説明すると、不安になったときに心のエネルギーを補充できる場所 のことです。弱くなった自分を温かく迎え入れてくれる「心のふるさと」のようなものかもしれません。

多くは、母親にその役割を期待します。

幼い子どもにとって、この世界は見るものすべてが新鮮。持って生まれた好奇心を刺激され、未知の世界へと探索に出かけたくなります。

ところが、母親のそばを離れていざ進んでみると、次第に不安が増してくるもの。そのとき、何のためらいもなく安心して戻っていける場所。それが安全基地です。

安全基地の存在の有無は、子ども時代に限らず大人になって苦悩や困難に遭遇したときにも、それらを乗りこえる力の強弱に影響すると考えられています。

ならば、初めは安全基地を得ていたのに、途中でそれを失った場合、その後の対人関係にどのような変化があるのでしょうか。

今回は、それをテーマ書きますが、私自身をひとつのモデルとして取り上げています。そのため一般化はできません。あくまでいち個人のケースとしてご参考頂ければと思います。

なお、主な内容は以下の2点です。

  • 母と私との間に存在していた安全基地が、成長とともに、どのように変化したのか
  • 安全基地を失った私が、対人関係において、どのような傾向をもたらしたのか
Point

◆ 安全基地の有無と対人関係

◆ 真の安らぎとは

 ※この記事は3分で読み終えられます

Sponsored Link

安全基地が揺らいだとき

幼い私にとって、安心と安らぎをもたらす安全基地は母でした。厳しい父に叱られるたび、母は、私を優しく包んでくれました。

また、かなり個性の強い子どもだった私は、周囲の大人たちから「変わった子ども」「可愛げのない子ども」と見られることが、たびたびありました。その時も、母だけは私の良さを認め、褒めてくれたのです。

当時の私は「何があっても、母だけは私の味方でいてくれる」という、絶対的な信頼と安心がありました。

そのため、そのような環境で育ちながらも、好奇心の赴くまま、自由にのびのびと生きられていたと思います。

しかし、その安らぎは、私が中学に入った頃から少しずつ変化していきました。

母の苦悩

10歳で祖母と死別した母は、不安定な愛着スタイルの持ち主でした。

翌年、祖父の再婚によってできた新しい母親になじめず、新しく生まれた妹とも差別され「とても辛かった」という幼少期の話を、子どものころから幾度となく聞いていました。

母は、姉と私に対して分け隔てなく、目いっぱいの愛情を注いでくれましたが、おそらく 自分が母親として子どもに愛を与えることで、死別によって強制的に奪われた、自分の母親からの愛情を取り戻していた のだと思います。

母にとっての「子ども」とは、母のことが大好きで、母の言うことを素直にきき、母がいなければ生きていけない、弱く愛らしい存在でした。ところが、思春期に入り私たち姉妹は少しずつ反抗的になっていきます。

「昔は、あんなに可愛かったのに・・・」

自分の手を離れ、大人になりつつある子どもの成長は、母にとって喜びより寂しさを抱かせるものでした。

私たちへの態度が変わっていったのは、その頃からです。

Sponsored Link

新たな安全基地を求めて

「無条件」に存在していると信じた安全基地が、実は「条件つき」だった

そこから、私の対人関係に歪みが出始めたのです。

小学校までは、人間関係で悩んだことは一度もありませんでした。ところが、中学に入ってからは、なぜか「大切な人」との関係でつまづいてばかり

それは、相手の心を独り占めするためにコントロールしようとしたことが原因でした。

私は「好きな人の一番になりたい」という思いがとても強かったのです。そうでなければ不安でした。いつも、どんなときも、私を一番大切にして欲しいと望みました。

恋人だけでなく、友人に対してもです。

それは、母という「安全基地がない」とわかった時に味わった「孤独」を癒したかった からだと今ではわかります。ぽっかり空いた心の穴を誰かに埋めてもらわなければ、永遠に安らぎを得られないと考えていたのです。

安らぎはここにある

自分の中に欠けていると感じているものを、他人満たしてもらおうと期待する。この時点で相手と自分は対等関係ではなくなります。

また、強い期待の先に待っているのは失望です。コントロールしようとすればするほど、相手は離れていきます。

この現象は宇宙にはたらく摂理の一つであることや、自分がエネルギーの存在であり、宇宙とつながっていることを知った私は、安全基地を外に求めるのをやめました。

なぜなら、宇宙エネルギーは、今この瞬間もあなたや私の中に流れ続けて いるからです。

永遠の安全基地は外側にではなく内側にある

起こる出来事すべてが、完璧な宇宙の秩序によりもたらされた「愛」です。それを理解できれば、真の安らぎが内側にあることを、理屈ではなく感覚としてわかると思います。

私は、この事実を腑に落とせたことで、好きな人の一番になりたいという囚われからようやく自由になりました。

また、安全基地として機能できなくなった母の苦しみ・悲しみも、すべて受け容れることができました。

最後に・・・

宇宙からエネルギーを受け取っているといっても、目に見えませんし、シャワーを浴びているときのように、身体的な感覚も得られません。

人は生まれながらに、肌のぬくもりを求めます。それは人と関わることで安らぎを得られるよう、本能にプログラムされているためでしょう。

安全基地を外側に求めるのは自然なことです。

特に幼少期の親子関係は、その後の人生に影響を与え続けます。

いま現在、親へ複雑な思いを抱き苦しんでおられる方には、以下の記事が僅かながらお役に立てると思います。

よろしければご参考下さい。

参考:「子供は親を選んで生まれてくる」は嘘?親が嫌い・親を許せない心理

参考:親に期待しない方法は「役割者」から「個人」へシフトすること

こちらに参加しています。
お役にたてましたら応援いただけると嬉しいです。