一人で悩んでいても、堂々巡りで出口が見つからない。

「カウンセリングを受けてみようか」と考えるのは、そのような時ではないでしょうか。

カウンセラーというと、以前は、高い専門性をもち医療機関や行政機関にいるイメージでした。

そのため、門をくぐるのに少し抵抗があったかもしれません。

しかし現代では、ご自身の苦しい経験をきっかけに「心理カウンセラー」として開業された方が増えたため、比較的相談しやすい環境であると思います。

「説教されて不快だった」

「気持ちをわかってもらえなかった」

「特に変化がない」

ところが、カウンセラーに不満を抱いたり、カウンセリングの効果を疑問視する声を、しばしば耳にします。

そこで、今回はカウンセリングの意味と、効果的な受け方についてお伝えします。

また、カウンセラー依存の問題にも触れました。

私自身、カウンセラーを務めている立場ですので、自戒の念を込めて書いています。

Point

◆ カウンセリングとは何か

◆ カウンセリングの効果的な受け方

◆ カウンセラー依存の問題

 ※この記事は4分で読み終えられます

カウンセリングとは

カウンセリングとは、来談者(以下クライエント)が、自分自身の内面を見つめ、探索する営みに「同伴」する ことです。

マラソンにたとえるなら、クライエントはランナーであり、カウンセラーは伴走者です。

中には、カウンセラーが「答え」や「ヒント」を与えてくれると期待する方もいらっしゃいます。

しかし、ご本人以上に自己を知る人物はいません。

答えはすべて自分の中 にあります。

けれども、私たちは普段、自分の深層を掘り下げることをあまりしません。

よって、本当の感情に気づいていないことが多いのです。

そこで、カウンセラーは、クライエントの 話を聴き、本人が経験している「心的事実」をありのまま認め、味わっている 感情に共感 しながら、「伝え返し」や「質問」などの言語的関わりを通じて、クライエントが自己の内面にフォーカスするお手伝いをします。

そこから得た「気づき」が、変容のきっかけ になるのです。

なお、臨床現場では、心理療法というアプローチがあります。

「療法」という言葉が、「治療」をイメージさせるからなのか、外側から解決の糸口を与えているように思われるかもしれません。

心理療法は、クライエントの 内面に変容をもたらす、科学的見地に基づいた「いち方法」です。

現在の状態に適すると考えられる方法を選択しても、問題解決に至るか否かは クライエントに内在する力 に左右されます。

効果的な受け方とは

カウンセリングの効果を上げるための受け方として、現場を経験している私からお伝えしたいのは、以下の2点です。

  1. カウンセラーが問題解決をしてくれるという期待を手放す
  2. 自分なりの「客観性」をもつ

1.カウンセラーが問題解決をしてくれるという期待を手放す

先述した内容に関係しますが、カウンセラーが何とかしてくれるという期待は、往々にして裏切られます。

むしろ、何とかしようとあれこれ助言するカウンセラーは、コントロール性が高く、クライエントの自立を妨げる可能性があると感じます。

ただし、「自分を大切にしてくれる人がいる」という喜びを感じることで、孤独感が癒され、生きるエネルギーが湧くのであれば、その限りではありません。

(そこに依存するのは危険ですが・・・)

2.自分なりの客観性をもつ

答えは自分の中にあるとわかっていても、時にはカウンセラーに意見を求めてしまうことがあるかもしれません。

カウンセラー側から、「一般論」として意見がでることもあるでしょう。

「一般論」とは、客観性を帯びた情報のことですが、カウンセラーの主観が含まれていることは多々みられます。

また、その情報が本当に一般なのか、疑わしいこともあります。

そのような時に、自分なりの客観性(冷静な目)をもっていれば、情報に巻き込まれずに済みます。

これは、後に触れるカウンセラー依存の回避にもつながることです。


いずれにも共通しているのは、「常に自分が主体である」という自覚です。

カウンセラーは、カウンセリング理論や、実践トレーニングなど、所定する内容の履修を経て資格を取得します。

よって、カウンセリングに必要な基礎スキルは、「一応」保有していることになっています。

しかし、私も含め、カウンセラーも人間であり、独自の「色」をもっています。

色とは、「思い込み」「価値観」「見方」などの偏りで、「我」と言い換えてもよいものです。

できる限り「無色(中立)」な状態でカウンセリングできるよう、資格取得後も研鑽し続けてはいます。

それでも、カウンセラーの歪みがゼロとは言えないため、来談される方に主体性がないと、それを直に受けやすくなります。

カウンセリング継続のポイント

カウンセリングは、一度で終了することもあれば、継続することもあります。

カウンセリングの効果には、カウンセラーとクライエントの相性や、カウンセラーの技量(能力・感性)が影響します。

その中でも、お互いの相性は特に大切です。

カウンセリングを受けた際には、次の点を確認し、そこから、継続の有無を決められてはいかがでしょうか。

  • 相手に心を開いてもいいと思えたか
  • 相手の応答に違和感を覚えなかったか
  • あなたのことをわかろうとしてくれたか

最後は、「わかってくれたか」ではなく「わかろうとしてくれたか」です。

どれだけわかりたいと願っても、その方を100%理解することは、残念ながらできません。

けれども、わかろうとする態度を示すということは、そのままを受け止める心の準備ができている証です。

カウンセリング用語では、「受容」と言われるものです。

相談する時点で、クライエントは、大きな苦しみを抱えています。

カウンセリングに来られる方のほとんどが、それをまるごと包んでもらうことを望んでいると言っても過言ではありません。

肯定的な態度で受容するカウンセラーは、「癒し」のエネルギーを与えることができます。

それによってクライエントが落ち着き、内面の探索に向かうため、癒しはカウンセリングにおける重要なプロセスだと言えます。

カウンセラー依存の問題

カウンセリングでは、「癒し」が大切だと述べました。

しかし、それが「カウンセラー依存」へと発展するケースがみられます。

アルコール依存、ギャンブル依存、買い物依存・・・

これら「依存」とつくものはすべて、その行為によって快楽をもたらす(不快を緩和できる)ために繰り返されるものです。

カウンセラー依存も同じです。

カウンセラー依存に多いのは、孤独感を抱えていたり、愛されたい・大切にされたいという欲求が強い方 です。

苦しい人を助けたくてカウンセラーになったという動機にも表れているように、優しくて面倒見のよい方が、カウンセラーには多いです。

そのため、カウンセリングで「包まれる安心感」を得られたことが、来談の目的を「自己の内面への探索」から「癒しの獲得」へと変えやすくするのです。

依存がクライエントに与える損失を理解し、中立性をもったカウンセラーであれば、このような状況でも適切に対応できるでしょう。

ところが、カウンセラー側に依存性があると、「共依存」を生みます。

よく見られるのは、援助によって心理的な欠乏を充たしているケース(劣等感の補償など)です。

判断の目安はいろいろありますが、これが一番わかりやすいかもしれません。

元気を取り戻したあなたがイキイキし始めたとき、以下のような態度が見られるなら、中立性(自律性)が低いと考えられます。

  • 過度に喜ぶ(テンションが高くなる)
  • それまでの様子と違う(よそよそしくなる)

つまり、クライエントの変化に、カウンセラーの内面が影響されているということです。

最後に・・・

カウンセリングは、カウンセラーとクライエント、双方の関わりによって展開されます。

したがって、「こうすればこうなる」といったハウツーのように、先を読むのは難しいものです。

互いのエネルギーが調和しているときは、思いもよらない効果が生まれる。

カウンセリングには、計り知れない可能性が秘められていると、私自身、常々感じています。

互いの相性、カウンセリングスキル、カウンセラーの中立性、クライエントの自立性・・・

カウンセリングの効果とは、これらさまざまな要因が、掛け合わさった結果なのでしょう。

それを支えるのは、クライエントの潜在力をどこまでも信頼し続け、尊重し続けるカウンセラーの姿勢 だと思います。

こちらに参加しています。
お役にたてましたら応援いただけると嬉しいです。

Share the message please.
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+