宇宙の法則

宇宙の法則とは具体的に何か。

今回は、その問いにお答えする内容です。

スピリチュアルでいう「神」は、宇宙を創造した主とされています。

苦手な方は、この辺りで抵抗感を抱かれるかもしれません。

それでは、森羅万象という言葉を耳にしたことはありますか?

森羅万象とは、宇宙で起こるすべての現象や、存在する一切のものを指します。

宇宙の法則は、森羅万象に働いている「自然の法則」です。

したがって、スピリチュアルが苦手な方にも、安心してご覧いただけます。

ここでは、数ある宇宙の法則から、潜在意識の書き換えと、引き寄せの法則との関わりが深い3種類を取り上げました。

  • 波動の法則
  • 因果の法則
  • 陰陽の法則
Point

◆ 波動の法則とは

◆ 因果の法則とは

◆ 陰陽の法則とは

 ※この記事は2分で読み終えられます

波動の法則

波動の法則とは、簡単にいうと「波動が共振したものが引き合う法則」のことです。

有名な引き寄せの法則は、波動の法則の別称。

他にも、「波長の法則」「類友の法則」など、さまざまな呼称があります。

人に限らず、物質的な存在、または非物質的である思考や感情に至るまで、すべては「エネルギー」です。

エネルギーは、かなりの速度で振動しており、その違いが特有の周波数を生んでいます。

波動の法則によって、同じ周波数が引き合い、ものや出来事として、私たちの前に現れます。

つまり、望むと望まないとに関わらず、身に起きていることは全て、自分が引き寄せた結果なのです。

「あの人がいるから・・・」

「こんなことがあったから・・・」

望まない現実に対して、私たちはつい、原因を外側に求めてしまいがちで。

ところが、波動の法則を知ることによって、原因は自分が放っている波動(エネルギー)であった と気づくことができます。

同時にそれは、自分次第で外側(人生)を変えられるという希望 でもあるのです。

因果の法則

次は因果の法則です。

スピリチュアルでは、「カルマの法則」と呼ばれます。

「因果応報」「自業自得」「自分で蒔いた種は自分で刈り取る」「天に唾する」「身から出たサビ」・・・

因果の法則を表す言葉は数知れず。

おそらく、一度は耳にされたことがあるのではないでしょうか。

それだけ、私たちの日常に関連が深い法則なのです。

「外側に投げかけたものが、そのまま返ってくる」というシンプルな法則。

これは、立ち止まって思考の状態を意識したり、すでに起こした行動を顧みたりするときに役立ちます。

なお、宇宙の法則には、すべてはエネルギーでつながっているという、「ワンネスの法則」もあります。

因果の法則は、ワンネスの法則の影響を受けるため、投げかけたものがどのように返ってくるか予測できません。

この辺りのしくみは、こちらに詳しく書いています。

よろしければご参考下さい。

引き寄せの法則では、波動を上げることが大切だと言われます。

過去の経験は、潜在意識にすべて記録されます。

そのうち、自身がもつ信念との関連度合いや、「反復」によって「強化」された内容は、次第に「自動化」されていきます。

それがネガティブなものであった場合は、波動を下げる「見方」や「感じ方」を繰り返すことになるのです。

したがって、波動を上げる取り組みの中では、過去に投げかけたものを分析する作業が必要。

その点においても、因果の法則を理解することは、有用であると言えます。

陰陽の法則

最後は、宇宙の誕生と関係が深い陰陽の法則。

陰陽の法則とは、森羅万象は「陰」「陽」の調和によって秩序を保っている という法則です。

簡単に言うと、すべてのものは二面性を帯びているということ。

二面性といっても、一方が善、他方が悪といった「二元論」ではなく、陰と陽が統合して一つ(ものごと)を形成しているという意味です。

日常を観察してみると、すべてにおいて陰陽両極を見て取ることができます。

  • 一つの特性を長所(陽)とみるか、短所(陰)とみるか
  • ある機会を獲得(陽)すれば、別の機会の獲得を喪失(陰)する

現在では、引き寄せの法則を意識し、ポジティブであろうプラスであろうと考えるきらいがあります。

けれども、そのような姿勢は偏りを生み、宇宙と調和しないアンバランスな状態を加速させていくため注意が必要です。

大切なのは中心にいること。

陰が陽を生み、陽が陰を生む

陰陽の法則にしたがった生き方とは、起こることを自然な営みとして、「そのまま」受け容れる 生き方です。

本記事をご覧の方は、潜在意識の書き換えや、引き寄せの法則の活用に関心を寄せられていると思います。

ところが、陰陽の法則はそれらを超え、私たちが闇の中に光を見出し、「愛」に目覚める 重要な法則なのです。

こちらに参加しています。
お役にたてましたら応援いただけると嬉しいです。

Share the message please.
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+