引き寄せの法則とスピリチュアル

引き寄せでは、望みを現実化するための重要ポイントとして、「波動を上げること」を挙げています。

一方、スピリチュアルでは、カルマ(課題)の解消により、霊性を向上させることに重きを置いています。

一見すると、両者は別々の分野であるように感じられますが、双方の取り組みを通じて、関連する点が色々と見られることに気づきました。

そこで今回は、スピリチュアル的に見たとき、引き寄せるために波動を上げる行為が、どのような意味をもたらすのかについて触れたいと思います。

Point

◆ 引き寄せにおける波動の役割

◆ 波動を上げることとスピリチュアル

◆ 引き寄せが浸透した背景を考察

 ※この記事は3分で読み終えられます

なぜ波動を上げるのか

引き寄せの法則とは、宇宙に働いている法則の一つであり、波長の法則・波動の法則とも呼ばれます。

森羅万象はすべてエネルギー であり、宇宙を生んだ創造主(スピリチュアルでは神様)と、つながっています。

創造主から流れるエネルギーによって、奇蹟のようなことも可能にできる ほど、私たちには偉大な力が、もともと備わっているのです。

ところが、この地球で生を全うするため、スムーズに危険を察知できるよう、危機回避プログラムが、インストールされました。

加えてここは、「比較の世界」。

優劣・正誤・善悪といった、二元的価値観基準にしばられながら、生きています。

このように、私たちは、ただ生きているだけでネガティブに傾き、波動を下げやすい状態といえるのです。

しかし、波動が下がることは、エネルギーの透過度を下げることになるため、宇宙エネルギーの流入がスムーズにいかなくなります。

それが、望みの実現を妨げる、一つの要因になっていると考えられます。

そのため、波動を上げることによって、宇宙エネルギーをスムーズに取り込めるようにする のです。

ちなみに、本ブログのタイトルとなっている「生きるエネルギー」とは、宇宙から送られるエネルギーを意味します。

このエネルギーが、私たちの中を滑らかに流れていると、自分らしく生きられるのではないか。

そのように、私は考えています。

波動を上げる方法

波動を上げるためには、今の「感情」と「思考」に注意を向ける ことが大切になります。

感情を生み出すのは思考、更に思考を司るのが「潜在意識」です。

まず、日常の中で波動を下げる感情がどのような思考によって生まれるのかを観察。

そこから、波動を下げるものの見方を変える、思考のルーツ(過去の記憶)を分析する、潜在意識の書き換えをする、という行動に移ります。

潜在意識を書き換える中では、「自分を愛せない」「自分に自信がない」という、メンタルな領域にも踏み込むことになるでしょう。

物事や出来事、それ自体に意味はなく、「どのような見方(思考)を選択するか」によって、世界が決まり、感情が生まれます。

そこで、波動を上げるために、マイナスと感じる状況のプラスの面を見る。

あるいは、今ある幸せに目を向けて感謝するといった、思考を調整する方法が、よく紹介されているのです。

それによって、偏りを修正し、ものごとをあるがまま受け止める、「中心」に存在することができるのですね。

スピリチュアル的な効果

次は、上述した取り組みが、スピリチュアルの観点から、どのような効果をもたらしているのかについて考えます。

スピリチュアルでは霊性向上のため、日常のなかで「カルマの解消」に取り組むことがメインです。

それは、縁あるすべての事象の中に「学び」を見出す姿勢 です。

ちなみに、カルマとは「行いすべて」のことですので、この世界でいう善い・悪いどちらも含みます。

(実際には善悪という基準はなく、行為の質に合う内容がそのまま返ってくるだけです)

辛いこと・苦しいことから「成長」のヒントを探し、受け容れる。

また、与えらえた恵みに感謝し、すべての命を慈しむ心を醸成する。

そのような心理的営みもあるでしょう。

このあたりは、波動を上げる取り組みと共通しています。

波動を上げる中でも、苦しみに喜びを見出します。

また、感謝リストを作って、これまで当たり前と感じていた恩恵を、「有るのが難いこと」として感謝しますね。

すべて「愛」に還る行為 です。

最後に・・・

引き寄せの法則が広がった背景と、スピリチュアルとの関係について、個人的な考察を述べます。

引き寄せと、スピリチュアルとの相違点を一つ示すならば、「現世利益追求の有無」でしょうか。

波動を上げる目的が、前者は願望実現であり、後者は魂の成長(霊性向上)です。

ただ、どちらも「自分を愛すること」や、「感謝すること」が欠かせません。

それが、自身を成長させ、内在する「愛のエネルギー」を活性化 します。

同時に、他者理解・他者受容 にもつながる。

このように、両者には強い結びつきが見られるのです。

また、引き寄せの法則は、スピリチュアルという言葉にアレルギーがあった方に、「宇宙の法則」という科学的な側面から、この世の真理を伝えることに成功しました。

エネルギー・波動という「怪しい話」も、引き寄せの法則を通してなら、耳を傾けられたことでしょう。

つまり、スピリチュアルとは無縁だった方が、カルマの法則や波長の法則を知るのに、引き寄せの法則が役に立った といえるのです。

以上をふまえ、ここ数年の間に、引き寄せの法則が加速度的に広がった背景には、何かスピリチュアルな意図が、絡んでいたのではないか。

そう感じることが、度々あります。

こちらに参加しています。
お役にたてましたら応援いただけると嬉しいです。

Share the message please.
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+